「オナニーはセックスという小汚い現実より数万倍素晴らしい」 奇跡の “プロ童貞”山口明(今年ブレイク必至)の生態に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

WCL_06.jpg山口明氏

山口  普通ですよ。ただしオナホのTENGAは、タダでもらっても使うのは嫌。1回だけ使ってみたけど、いまひとつ合わないね。周りの人にあげてたもん。AVも2018年ぐらいからボカシが濃くなって、あまり見なくなったね。

――どういうジャンルのAVが好みですか?

山口  オレはもう、いーっぱいAV見ちゃったからね。若い女のコの単体モノはダメですね。熟女さんか、シーメール(ニューハーフ)しか興奮できない。同年代~年上のAV女優はなかなかいないからね。もう、ジャズシンガーでAV女優の真梨邑ケイさんくらいですよ。

――山口さんに特殊なフェティシズムはありますか?

山口  特殊ではないけど、日焼け跡のある女性に弱いね。なぜかはよく説明できないけど、普段は見えない部分が白く分かることに興奮するのかもしれない。だから、パンダでも興奮しちゃうよ(笑)。冗談だけど。

WCL_13.jpg山口明氏(撮影=編集部)

――山口さんのデザイナーとしての才能は『ヤングサンデー』や『ビッグコミックスピリッツ』などを手がけた小学館の名物編集者、熊田正史さんに見出されたんですね。山口さんは、この熊田さんに「人間の想像力は核爆弾みたいなもの。オナニーは想像力を使える究極の場で、大爆発の場。セックスという小汚い現実より数万倍素晴らしい」と語ったそうですが。

山口  オレはそんな頭のいいこと言ってないよ、熊田さんはウソつきだよ(笑)。まあ、かなりうまく編集してくれたんじゃない。ちなみに、熊田さんも軍服フェチだからね。

――そちらの方面でもつながっているんですね。そういえば山口さん、いまだに携帯も持っていないのですか?

山口  使いこなせないから、持ってないよ。売れっ子デザイナーだった頃、本当に電話が鳴りっぱなしで、もし携帯なんか持ったら大変になると思ったから、事務所から外に出たら仕事をしない主義にしたの。もちろん、自宅にパソコンも置かない。でもそれやったら、どんどん仕事がなくなっていってね(笑)。それで、3年前にデザイナーの仕事を辞めたの(笑)。


 熟女とシーメールのAVをこよなく愛し、独裁者に憧れて「全員皆殺しにしてやりたい」と思い込むちょっとヤバい男――プロ童貞の生態と頭の中が垣間見えたのではないだろうか? この後、話はどんどんオカルティックな方向に……! 怒涛の中編では、童貞だけに具わるという「人を死にいたらしめるほどの呪い」が語られる!

(取材・文=松本祐貴)


※ ますますディープなプロ童貞の世界に迫るインタビュー中編では、恐ろしい“童貞の呪い”が明かされる!


山口明(やまぐち・あきら)
1960年7月10日生まれ、取材時58歳。生粋の童貞(プロ童貞)。『ザ・ワールド・イズ・マイン』(新井英樹)、『妄想の花園』(楳図かずお)、『捨てがたき人々』(ジョージ秋山)などの数々のコミックや書籍デザインを手がけた伝説的デザイナーとして活躍。“廃業宣言”後は、自身のファッションブランド「OLD CHERRY PUNK」を設立し、現在に至る。
・ 公式ツイッター @53sai_doutei
・ 「ふぁんすとあ」にて山口明Tシャツなど販売中! https://funstore.buyshop.jp/categories/899989


松本祐貴(まつもと・ゆうき)
1977年、大阪府生まれ。フリー編集者&ライター。雑誌記者、出版社勤務を経て、雑誌、ムックなどに寄稿する。テーマは旅、サブカル、趣味系が多い。著書『泥酔夫婦世界一周』(オークラ出版)。
・ ブログ「~世界一周~ 旅の柄」 http://tabinogara.blogspot.jp/

コメント

1:匿名 2019年1月31日 07:48 | 返信

モテないジジイがモテないことを肯定してるこれははずかしい

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。