NEWS小山慶一郎や花田優一は「筋金入りのクズ」!? 自身の言動で“クズ”と叩かれた芸能人4人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
1901_kuzu_01.jpg画像は、「花田優一」公式Instagramより

 元貴乃花親方(46)の長男で靴職人の花田優一(23)が、昨年12月に離婚を発表した。同月に掲載された『デイリー新潮』の記事によると、元妻はテレビで花田が自宅を紹介してるところを目撃。その家が“自分の住んでいる家とは全く違った”ことが離婚の一因だと報じた。

 ほかにも花田は結婚したばかりの頃、テレビで元妻と出会った時のことを振り返り「コイツ嫁かなって思った」と“コイツ”呼ばわり。さらに離婚前の9月には『FRIDAY』(講談社)が、花田と謎の美女が深夜に密会していたと報じている。

 これらのエピソードにネット上からは、「靴職人やってるって聞いた時は『2世なのに堅実だなぁ』と感心したんだけど、実情はこんなものなんだね」「こいつ筋金入りのクズだと思う」「2世は大抵クズだけど、コイツは新しいタイプのクズですね」といった声が続出中だ。

 今回は花田のように、“クズ”と叩かれた芸能人たちをご紹介していこう。


●山里亮太

1901_kuzu_02.jpg画像は、「山里亮太」公式Twitterより

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太(41)は、コンビ不仲時代に相方の山崎静代(39)へ陰湿な嫌がらせメールを送信していた。先月14日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 2時間スペシャル』(テレビ朝日系)へ南海キャンディーズが出演した際に山里は、“コンビ格差”が生じたため山崎と不仲になっていたことを告白。

 多忙な山崎が友人と海外旅行へ出発することになった時に、「海外旅行に行くそうですね。今そういう芸能人のような時間の過ごし方を選択することに驚いています。そこまで僕らは仕事ができているでしょうか?」「海外旅行ということなら、エピソードの100個は作ってきてください。サボったら負けです」というメールを送っていたそうだ。このメールを見た視聴者からは、「ブサイクは心もブサイク」「芸人としては正論だけど人間としてはクズ」といった声が上がっていた。しかし現在の南海キャンディーズは確執を解消。山里は番組内で、涙ながらに過去の“悪行”を謝罪している。

コメント

4:匿名 2019年1月17日 01:20 | 返信

犯罪者の集まりならSMAPだろタコ(嘲笑)

3:トランプ大統領 2019年1月16日 00:26 | 返信

>> 1

お前は天才超能力者ではないのか??モブサイコ見ているか?白Tポイズン!
おめぇがロボットの白だろ?俺が操っていいのか?ましろちゃんもドS宣言していたし
俺が操っていた方がましなんだろう。トランプ大統領をパクって物まねなんかやっていないで
ポイズンの前澤社長でも操っていればいいだろ!目立ちたいのか知らんが幼稚な行動がお前そっくりだよ。天才超能力者が嫌になってトランプ大統領を語る前に前澤社長を語ってくれたまえ、ポンコツ君!私は剛力彩芽さんだから、早く月に飛び立ってくれるのを待っているよ。
それと、ゴミだのクズだのというスラングは日本人は全く使わない。言葉を作ったのはロボットであって日本人を侮辱する汚い思考から生まれたはず。そういうチョンが作った言葉は使うべきではないし、言いたいのであれば具体的かつ的確に言えばいいだろう。その方がよほどダメージを与えられるはずだ。本来ならば戦闘民族日本人は相手を罵るよりもパンチの方が先なのだ。口で言うより拳で語りたまえ。貴様は下等生物の人間であるから、罵ることしか出来んのだろう?説明やめたとか知ったかぶりか?何の意味があるんだ?説明責任を果たせ!何故出来んのだ?難しいものではないだろう。知ったかぶりっこちゃんは答えられるまで椅子に縛り付けて監禁した方がいいかな?

2:匿名 2019年1月16日 00:02 | 返信

二世は花田のお父さんでしょ

1:トランプ大統領 2019年1月15日 09:27 | 返信

報道や週刊誌、ネットから得られる情報にはどうしても尾鰭がついてしまいそれが元で誤解が生じてしまいますが芸能のお仕事はイメージや印象がとても大切だと思いますので私生活でも隙を見せないようにしながら活躍してほしいですね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。