宇宙から「謎の電波」ニュースを徹底解説! やはり宇宙人からのメッセージ…物理学者が可能性を説く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
宇宙から「謎の電波」ニュースを徹底解説! やはり宇宙人からのメッセージ…物理学者が可能性を説く!の画像1画像は「Getty Images」より引用

 観測史上2回目となる“反復する”「高速電波バースト(Fast Radio Burst、FRB)」をカナダの新型電波望遠鏡「CHIME」が検出。今月9日付の科学誌「ネイチャー」で公表された。

 FRBとは約10年前に発見されたばかりの天文学的“怪閃光”のことである。これまでに、FRBは、数十億光年というとてつもない遠方の他の銀河から届いている閃光であることが算出され、どういうわけが我々の天の川銀河内では発生していないことも浮き彫りになっている。そして詳細に分析してみると全天で1日に5000~1万回も発生しているというから驚きだ。

 そうした中、カナダは日本円で17億5千万円するCHIME(Canadian Hydrogen Intensity Mapping Experiment、カナダ水素密度マッピング実験)と呼ばれる最新の電波望遠鏡を製造。FRBの観測とその謎の解明に本格的に乗り出した。だが、2007年の発見以来、FRBの発生源と発生のメカニズムに関する決定的な仮説はまだ登場していない。

 特に今回CHIMEが検出した“反復するFRB”は、これまで有力な天文学的説明とされてきた「中性子星やブラックホールの合体」では説明がつかず、科学者らが頭を抱えているという。というのも、ブラックホールや中性子星の合体、超新星爆発やパルサーなどが原因のFRBは単発で終わるからだ。

 ところで、こうした天文学的説明とは別に、以前トカナの取材に応じた世界的宇宙物理学者は、FRBは宇宙外知的生命体が地球人の注意を引くために発射した「宇宙の狼煙」である可能性や、地球外生命体同士の宇宙戦争で使用された武器が発した「天文学的な銃声」である可能性を指摘していた。これらの仮説はFRBの“反復”を説明できる点で、天文学的説明より優れているとも考えられるだろう。

 以下、当該記事を再掲する。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

宇宙から「謎の電波」ニュースを徹底解説! やはり宇宙人からのメッセージ…物理学者が可能性を説く!の画像2画像は「Space.com」より引用

 2012年に観測されて以来、科学者を悩ませ続けてきた、深宇宙から届く爆発的な電波「高速電波バースト(FRB)」の出所が今年に入り確定された。その科学的な重要性は言うまでもないが、トカナでは敢えてオルタナティブな真実を追求するため、2人の物理学専門家に突撃インタビューを敢行。世界のどのマスメディアも報じていない“地球外知的生命体メッセージ説”の可能性が浮き彫りとなった。

 すでに、物理学専門家A氏の指摘(「タイプIIIの超高度文明が発したメッセージである可能性」)はお届けしたが、今回は世界的に著名な物理学者X氏が名を伏せることを条件に、今回の発見による「今後の宇宙論の展開」から「メッセージ説」まで科学的に考察してくれた。

——FRBの出所が特定されたということですが、この発見は今後の宇宙論にどのような影響を与えるのでしょうか?

X氏 非常に大きな影響を与えると言ってよいでしょう。先日、ブラックホール連星の合体による重力波が発見されましたが、この発見の価値は決して重力波の発見に尽きるものではないのです。まず、ブラックホール連星の存在が史上初めて証明されたこと、さらにその質量や回転などが定量的に議論できる「重力波天文学」が幕を開けたことに真の天文学的な価値があります。

 同じくFRBも発見されたばかりのノイズとも揶揄される正体不明の状態から、ようやく矮小銀河という実在の天体と結び付けて議論できる段階に上がったといえます。今回のFRBの最大の特徴は繰り返し発生することですが、だからこそ場所が特定できました。そのため、やっと手にした居場所のわかるFRBを今後も集中的に調べることでその爆発的現象のプロセスのみならず、中性子性やマグネターなどの高エネルギー天体の理解が深められていくことでしょう。また、FRBは発生源から地球に届くまでに、我々の銀河系外の銀河間の情報を蓄えて運んできます。このように、宇宙を見通す最も明るい灯台の一つとしての役割も果たすと考えられるのです。

 もちろん、FRBが地球外知的生命体のメッセージであるとしても、FRBの出所が確定したことにより、より深いレベルに潜むメッセージへの探求の道が開けたといえるでしょう。

コメント

2:匿名 2019年1月12日 22:55 | 返信

そんなすごいことをどうしてX先生は匿名で話すんだろうかとか、ヤボな話はしちゃいけない。

1:匿名 2019年1月12日 22:23 | 返信

記事を読んではっきりわかったこと。
X氏は物理学者を自称しているだけで、実はしがないオカルトライターに過ぎない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。