FBIの大スキャンダルをスクープした女性ジャーナリストが突然怪死! 「影の政府」があのウイルスを注入か… 波紋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 ブリ・ペイトン(26歳)は、保守的派オンラインニュースマガジンの「The Federalist」のライターであり、米国のテレビ、フォックス・ニュースのゲスト解説者でもあったのだが……。


■スクープを報じた女性記者が急死

「The Federalist」の編集者であるベン・ドミニク氏は「ペイトンと話しはじめた瞬間から、彼女にはスターになる可能性があると気付いた」と述べている。「彼女は原石だった、彼女は野心からではなく世界を変えるために学び、書き、そして現場に行くことを願っていた」と話す。

mysteriousillness1.JPGCollective Evolution」の記事より

 ペイトンは12月13日付の「The Federalist」の記事で、「DOJ Destroyed Missing Strzok/Page Text Messages Before The IG Could Review Them(米国司法省は、元FBI弁護士ページ氏とストローク捜査官の間で交わされたテキストメッセージを監察官の調査前に隠ぺいし、破棄した)」というスクープを報じたことで、一躍注目の人となり、メディア界の期待の星に躍り出た。

 ペイトンが報じたスクープは、2015年頃、元FBI弁護士ページ氏とストローク元FBI捜査官は愛人関係にあり、現大統領トランプの批判を含む大量のテキストメッセージをやりとりしていた。それらのメッセージの中には、FBIが反トランプであり、政治的偏見があり、捜査は中立でないという幾つかの証拠が含まれていたが、司法省が意図的にそれらのメッセージを破棄したというものである。当然、FBI長官の関与も追求されているその記事は大きな反響を呼び、トランプやヒラリークリントン、そして司法省とFBIを巻き込む大きな事件となった。

mysteriousillness2.JPGロバート・ムラ―元FBI長官、現司法省特別検察官と、元FBI捜査官ストローク 「Neon Nettle」の記事より

 そしてペイトンは、そのスクープ記事のわずか2週間後、12月28日にサンディエゴで急死した。

 時系列にペイトンの発言と行動を追うと以下の通りだ。

●12月26日水曜日:ワシントン在住のペイトンは、「One America News Network」というテレビショーのゲスト司会者としてサンディエゴにいた。彼女の最後のツイッターは、その番組についてフォロワーに知らせるものであった。水曜夜の時点では、ペイトンは全てが普通だった。

●12月27日木曜日:ペイトンはサンディエゴにいる間、女友だちのモーガン・ムルタフの家で過ごしていた。ムルタフは午前8時30分ごろ、ベッドの中で意識不明なペイトンを発見した。直ちに救急車が呼ばれ、集中治療室に入った。CTスキャンといくつもの精密検査の結果、彼女はH1N1インフルエンザ(豚インフルエンザ)と髄膜炎であると診断された。彼女の状態は、刻々と悪化し続けた。

●12月28日金曜日:ペイトン死亡。

コメント

4:匿名 2019年1月14日 01:23 | 返信

鳥の糞からも髄膜炎は発症するんでしたよね
影の政府によりウィルスを盛られたと。あり得るかもしれないですねー
ウィルスは売買される時代。

3:支え合うホワイトワシントンであるべき 2019年1月14日 01:17 | 返信

中立でないFBIが反トランプ脳だからトランプ大統領が何とかしてFBIを味方につけないとならない理由があったはず。あとトランプ大統領に批判的な人間が逆に怪し過ぎるw

大体、中立では無い国の捜査機関である場合、偏る事で間違った選択をしてしまう。政府に忠実だとは決して言えない。

2:真・トランプ大統領 2019年1月13日 12:13 | 返信

政権に関わるヤバイ情報を得ると不審な死に方するのは各国共通か。

1:トランプ大統領 2019年1月13日 11:17 | 返信

なに?私の信者が殺されただと?
こちらも殺るべきことは殺らねばならぬな。
そのターゲットがまともに暮らせないように刺客を送り込んで襲撃する。
相手を殺害する時はナチス的な思想によって反逆者やキチガイを始末したといえば無罪になるのでそう言ってくれたまえ。アメリカは死刑制度がないところが多いのでいくらでもやれるだろう。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。