AAA浦田直也の“誤爆”が気持ち悪い!?「愛してる、とにかく会いたい」 SNSで“ありえない誤爆”をした芸能人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
20190115gobaku01.jpg画像は、「浦田直也」公式Twitterより

 SNSが発展した現代だからこそ、特に注意したいメッセージの“誤爆”。送信先を間違えて赤っ恥をかくような経験は避けたいところだが、あろうことか芸能界でも誤爆してしまう有名人が多い。

 音楽グループ「AAA」の浦田直也(36)は、2018年3月にツイッターで「ayuに死にほど会って抱きしめたいんだ」「愛してるんだ、とにたく会いたいんだ」「逃げないでょー。ずるいよー!」(いずれも原文ママ)などと投稿。相手は当時お互いに匂わせ投稿を繰り返していた歌手の浜崎あゆみ(40)と思われ、なんとも無様な文面にネット上では「ひと言でいうと気持ち悪い」「恥の上塗りすぎてかける声も見つからないわ」「こういう人はSNSやっちゃダメ」といった声が溢れ返った。

 今回は浦田のように、SNSへ盛大に誤爆して話題になった芸能人を紹介していこう!


●小嶋陽菜

20190115gobaku02.jpg画像は、「小嶋陽菜」公式Twitterより

 まずはAKB48在籍時代に意味深な2文字を投稿してしまった小嶋陽菜(30)から。2010年7月に彼女のツイッターで、突如として「手越」という文字だけがツイートされた。この投稿は即刻削除されたものの、ファンの間ではNEWSの手越祐也(31)を指しているのではと注目を集めることに。

 誤爆直後に行われたライブのステージ上で、小嶋は峯岸みなみ(26)から「どうしたの? なんなの? ツイッターに手越って」と追及されることに。「友達にメールをしようと思ったら間違えて乗せちゃいました」と釈明した小嶋に対し、峯岸は「なんか動揺してます?」と手を緩めず。笑いながら否定を続ける小嶋に「ヘラヘラしないの!」と一喝し、観客に向かって「みなさんもツイートするときは、ぜひ注意してやってくださいね」と語りかけていた。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。