AAA浦田直也の“誤爆”が気持ち悪い!?「愛してる、とにかく会いたい」 SNSで“ありえない誤爆”をした芸能人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

●宮川大輔

20190115gobaku03.jpg画像は、「宮川大輔」吉本興業 公式サイトより

 続いては、誤爆によって緊急事態に陥ったお笑い芸人の宮川大輔(46)。2011年10月に宮川がつぶやいてしまったのは、なんと自身の携帯電話番号とメールアドレスだった。ツイートは削除されたものの情報は拡散され続け、多くの人の目に宮川の個人情報がさらされることに。

 宮川はその後、「ごめんなさい。やってしまった。DMの返事したつもりが…」とツイート。ダイレクトメッセージで送るつもりだった内容を、自らの手で誤爆してしまったと認めている。続けて「死ぬほど電話がかかってきてびっくりした。笑。電話番号も変えて家帰ってきた。心配して下さった皆様ありがとうございました。以後、気をつけます」と反省の弁で結んでおり、ファンからも「明日は我が身と思うと笑えん」「気づいた瞬間血の気が引いてそう」といった声が相次いだ。


●阿佐ヶ谷姉妹

20190115gobaku04.jpg画像は、「阿佐ヶ谷姉妹」オフィシャルブログより

 本人にとっては冷や汗ものでしかない誤爆だが、お笑いコンビ・阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子(46)による誤爆は多くのファンをほっこりさせている。渡辺は2018年12月に、自身のツイッターで突然「カラオケ終わってヨーカドーにいます。今うちにトマトありましたっけ?」とツイート。どうやら相方・木村美穂(45)に向けたものだったらしく、「すみません、みほさんにLINEで送ったはずが、何を寝ぼけたか、全世界に聞いてしまいました」とツイートした。

 渡辺の問いかけに、ユーザーから「我が家にはありますよ!」「私の冷蔵庫にはありません」と返信が相次ぐことに。渡辺は改めて「やってしまいました。お恥ずかしい… 消そうとしましたが、皆様のお家の冷蔵庫事情も伺えましたので、自戒も含め、残します」とユーモアを込めつつ反省。ファンからは「久しぶりに爆笑しました!」「日頃の言葉遣いまで上品なんですね」「えりこ姉さん可愛すぎかwww」といった声が寄せられている。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。