【緊急】米議会の超有力政治家が全力で“UFOロビー活動”開始! 「エリア51の実態を把握」エイリアン情報の完全開示は近い!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
【緊急】米議会の超有力政治家が全力でUFOロビー活動開始! 「エリア51の実態を把握」エイリアン情報の完全開示は近い!? の画像1画像は「getty images」より引用

 UFO情報をめぐってまた波乱が起こりそうだ。米紙「Roll Call」(1月10日付)によると、ある米大物政治家がUFO捜査の重要性を指摘、本格的な捜査に乗り出したというのだ。

 大物政治家とは、元民主党議員のハリー・リード氏。連邦下院議員を2期4年、上院議員を5期30年務め、上院民主党のトップを務めたこともある超大物政治家だ。そんなリード氏が、UFO捜査に力を入れるようロビー活動を行っているというから驚きである。

【緊急】米議会の超有力政治家が全力でUFOロビー活動開始! 「エリア51の実態を把握」エイリアン情報の完全開示は近い!? の画像2ハリー・リード氏「Wikipedia」より引用

「これまでに報告されてきたUFO情報を考慮すると、もっと研究されなければならないと思うのです。何百人もの人が空を特殊な方法で飛ぶ同じものを見ているのですから」(リード氏)

 トカナ読者の中にはリード氏の名に聞き覚えがある人がいるかもしれない。実はリード氏は、米国防総省が2007年から2012年まで行われていたUFO調査プロジェクト「先進航空宇宙脅威識別計画」をバックアップした政治家の一人であり、その詳細はトカナでも報じている

 リード氏がUFOに関心を持つ理由の1つに、米国が保有するUFO情報にかなり精通していることがあげられるだろう。大統領でも「Need to know(情報適格性)」がないとブリーフィングさえ行われてないと噂されるUFO情報のいくつかにリード氏はアクセスできているらしいのだ。たとえば、未だ真相が明らかにされていないエリア51について、リード氏は次のように語っている。

「エリア51には行ったことがありますし、かなりよく知っています。政府がそこで何をしたかも知っていますよ」(同)

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

2:匿名 2019年1月17日 12:46 | 返信

UFOの捜査って、米国はもうUFOの正体なんてとっくに掴んでるんじゃないの?
その上で異星人と交流まであるんじゃないの?ってのがUFO研究家達の見解だろ。

1:匿名 2019年1月17日 04:50 | 返信

支配層は、宇宙人を隠したいのではなく、彼らが使っているテクノロジーを隠したい。
宇宙人、異星人を認める事は、そのテクノロジーを認める事になり、既存のエネルギー勢力など
絶対に公にしたくない。彼らの技術を認めたら、例え最先端の高級車でもSLみたいな時代遅れの産物に思えるほどに、我々は遅れた技術を、彼らの儲けの為に使わせられている事に気づいてください。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。