ナイナイ岡村のシャレにならない地獄過去とは!? メンタル崩壊で数々の異常行動…デリヘルも証言!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
ナイナイ岡村のシャレにならない地獄過去とは!? メンタル崩壊で数々の異常行動…デリヘルも証言!?の画像1画像は「ABCテレビ」より引用

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史が過去の地獄を告白した。14日放送のABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」で「これなら続く! 私流ダイエット術」を特集。そのなかで岡村は「(若い頃は)ガリガリでした。1日1食ぐらいでも大丈夫でしたし、タバコとコーヒーでお腹をふくらませるっていう」と回顧した上で「どんな時もタバコとコーヒーが助けてくれたと思っていたから。この2つのおかげでウケたと思うぐらいに追い込まれていた」と告白した。違法薬物ばりにタバコとコーヒーに依存していたそうで「緊張も全部『これさえあったら大丈夫や……』って思っていた」という。

 テレビでは明るいキャラの岡村だが、プライベートでは口数も少なく、ストイックなことで知られる。2010年には精神的な問題から長期休養。当時を知るスポーツ紙記者は「所属する吉本興業の関係者は過去に岡村がフラれた熊田曜子の名前を挙げ『失恋のショックで体調を崩した』と笑い話にしていましたが、それは岡村のキャラを守るための猿芝居。実際は半ば“廃人”のような状況で、面会に行った芸人は病室のテレビが床に落ちてそのままになっている様子を見て『シャレにならない』とこぼしていました」と話す。

 休養前に“お相手”したという風俗嬢も岡村の異様な姿を明かす。「指定された部屋に行ったのですが、室内は薄暗く、彼は部屋の角でパンツ一丁で体育座りしていたんです。笑わせるためのネタかと思いました、反応は薄く、思い詰めているようでした」

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年1月20日 16:24 | 返信

趣味が無いとか友達が居ないとかそうゆう人は危ないような気がする。きちんと働いて、きちんと稼いで自活していくという事が先ずはできて居ない人にも多いよ。病む人。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。