頭はネコ、体は人間、目撃すると体調不良… 世界で相次ぐ謎の「キャットピープル」出没事例5選! 正体は精霊「スキンウォーカー」か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

●スペイン・コルドバ(1972年)

 自動車工場のメンテナンス担当であるテオドール・メルロー氏は、工場の洗面所に入った時、手首まできつく覆う濃い青のツナギを着て、洗面台の上にさりげなく座っている身長2.4メールほどもあるきわめて長身のヒューマノイドを目撃している。その頭部は完全にネコそのものであった。

 メルロー氏はそのキャットピープルを目撃してほどなくすると、奇妙な頭痛と背中の痛みに苛まれたという。またその同じ日に、メルロー氏は帰りのバスのバックミラーで一瞬ではあったもののまったく同じキャットピープルを目撃している。

 また同日、工場内をオートバイで移動中だったエンリケ・モレノ氏もこの長身のキャットピープルを目撃している。モレノ氏も同様に目撃後に体調不良に襲われたが、不思議なことにオートバイはまるで自動運転車であるかのように走り続け、無事にモレノ氏を事務所まで届けたということだ。

頭はネコ、体は人間、目撃すると体調不良… 世界で相次ぐ謎の「キャットピープル」出没事例5選! 正体は精霊「スキンウォーカー」か!?の画像5 「Mysterious Universe」の記事より


 ビッグフットやレプティリアンに比べれば話題になることのないキャットピープルだが、あまりにも我々の生活の近くにいるため、いわば“盲点”になっている可能性もある。ハロウィンの日など、タイガーマスクやキャットウーマンのコスプレイヤーがひょっとするとキャットピープルなのかもしれない!?
(文=仲田しんじ)


参考:「Mysterious Universe」、ほか

コメント

6:匿名 2019年1月23日 11:26 | 返信

リアルなめ猫(笑)

5:トランプ大統領 2019年1月22日 02:03 | 返信

>> 4

人間にいじられた猫です。
私が言えることは顔が猫で体が人間と言えば破壊神ビルスみたいな存在だと思うのだ。
古代エジプトで猫を崇拝していたのはネズミ野郎のチョンと戦ってくれる神だったからだと思う。
日本で言えば日光東照宮の眠り猫とは破壊神のことで
修復時に実は目が開いていたのだ!猫の目が開いたとき世界は終わりを告げる。
目撃すると調子が悪くなるのは知っているからで、恐怖のあまり体が震えて胃から汗が出たり
催眠術にかかったように動きが悪くなる。絶望という地球規模の圧倒的な恐怖が襲うのだ!
もしその猫人間が現れたら、尋ねてみるといい。もしかしたら吾輩は猫である。名前はまだないとか?どこで生まれたのか見当もつかない。迷子の迷子の子猫ちゃんだと言ってくれるかもしれないし、ネズミ退治を依頼してみると、ギガキャットハンマーでミッキーマウスを粉砕してくれるはずだ。ポプテピピックではグレイが猫の真似をして居座っているのを帰りなさいと諭すシーンが有ったりしたな。あれも仲間だからか?エジプトの壁画にもあったな。

4:匿名 2019年1月21日 19:20 | 返信

真面目な考察だと人間みたいに手脚が長い野生か外来種のヤマネコ系

オカルトだと人間にいじられた生物、とか?

3:匿名 2019年1月21日 18:20 | 返信

私あの有名な『猫の人』です。よろしく。

2:匿名 2019年1月21日 15:21 | 返信

画像クレ

1:匿名 2019年1月21日 14:18 | 返信

ねこですよろしくおねがいします

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。