【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】銃弾が頬をかすめるとこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジルの画像1画像は、「BestGore」より

 ブラジルでは今月1日、ジャイル・ボウソナロ氏(63)が第38代大統領に就任した。同氏は治安対策の一環として銃規制緩和を公約に掲げて当選し、今月15日には銃規制法を緩和する大統領令に署名した。これは、「善良な市民」が銃を所持することを推奨し、銃所持の年齢制限を25歳から21歳へと引き下げることによって、路上犯罪の被害を抑止することが目的だという。ボウソナロ大統領は、署名の際にも「正当な自衛権」の保障について強調した。

 非営利団体「ブラジル公安フォーラム」の報告によると、同国では昨年6万3880人が殺害されたが、そのうち70%は銃器による殺害だったという。そのため、ブラジル人の多くは自衛のために銃の所持に拘り、銃規制緩和も支持する。同国で銃を所持する場合、「護身のために武器が必要である」という証明が“不要”となる競技射撃の資格を取得することが最も簡単である。こうした事情から、競技射撃の資格の年間取得件数は過去2年間で倍以上に増えたという。

 一方で、銃規制緩和が却って犯罪を増加させるかもしれないと危惧する声もある。社会に銃が蔓延すると、所構わず、また容赦なく銃撃戦が起きるようになるかもしれないからだ。では、実際に銃撃されてしまった人をどのような運命が待ち受けているのか、海外の過激ニュースサイト「BestGore」で公開されている動画で確認してほしい。

 この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような重傷で、動画のタイトルには「グラスゴースマイル(笑っているように裂けた口)」と書かれている。男性は顔面崩壊の寸前にもかかわらず、しゃべり続けている。口を動かすと傷口が開いてしまうので、他の人が指で頬の肉を押さえている。ショットガンで銃撃されると、命を落とさなくても、これほど酷い顔になってしまうのだ。

 銃規制緩和が本当に路上犯罪を抑止するのか? それとも、今回の動画のような被害者が増えるだけなのか? ブラジルの治安の変化から目が離せない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?