【絵本・マツコ・内田早苗】子どもを“数分で眠らせる”絵本を心理学者が開発!! 一体どんな秘密が!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■口コミだけで大ブレイク

 エルリン氏は、これまでリーダーシップや自己啓発をテーマにした著書を執筆してきたのだが、ある日母親を乗せて少し長めのドライブ旅行をしていた際にアイデアがひらめいたという。ドライブ中に座席でスッと眠りに落ちた母を見て、これまで培ってきた心理学的な方法論を使って「どうやったら子どもをリラックスさせられるだろうか?」という考えがよぎったということだ。そしてこのアイディアを、信号待ちの間に手近にあった紙ナプキンに殴り書きして残し、後から検討に入ったのだが、持てるすべてのテクニックを駆使して完全なストーリーを組み上げるまでには3年半を要したという。

「物語にはUncle Yawn(アクビおじさん)やHeavy-Eyed Owl(眠そうなフクロウ)などのキャラクターが登場し、聞かされている子どもが話の一部に入り込んで主人公のウサギと一緒に眠れるように構成されています」(フォーセン・エルリン氏)

【絵本・マツコ・内田早苗】子どもを数分で眠らせる絵本を心理学者が開発!! 一体どんな秘密が!?の画像3画像は「Wikipedia」より引用

 実はこの『The Rabbit Who Wants To Fall Asleep』は、もともと2013年1月に電子書籍(キンドル版)としてリリースされたものだった。当初は、エルリン氏もこの本に関しては売り上げを気にすることなく、自身のホームページで無料で見られるようにしていたほどであったが、アマゾンの自費出版サービス「CreateSpace」を利用して、2014年8月にペーパーバック書籍として出版したところ注目を浴びるようになり、この8月にはなんとアマゾンの児童向け動物書籍(Children’s Animals Books)部門で売り上げトップに登り詰めることになったのだ。2015年には『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』というタイトルで日本語版も出版されている。

「この本は口コミだけでイギリス中の親子の間に広まりました。自費出版の紙の本が売り上げ一位に輝いたのは、これが初めてのことです」とアマゾンUKのディレクター、アリソン・フォレスタル氏も快挙を祝している。自身でも意外なほどのヒットに見舞われたエルリン氏だが、次も同じく心理学の手法を駆使し、幼児のトイレのしつけをうまくできる本を企画中とのことだ。

 多くの親が効果的な“ベットタイム・ストーリー本”を求めていたという点からも、電子書籍時代の出版という点からも、非常に興味深い話題である。
(文=仲田しんじ)


参考:「Telegraph」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。