【閲覧注意】ステージで市長「刺殺」のヤバすぎる瞬間を捉えた映像流出! 叫び声、メッタ刺し、観衆…=ポーランド

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】ステージで市長「刺殺」のヤバすぎる瞬間を捉えた映像流出! 叫び声、メッタ刺し、観衆…=ポーランドの画像1画像は、「BestGore」より

 ポーランド北部グダニスク市で1月13日夜(現地時間)、同市のアダモウィチ市長(53)が刺殺される事件が起きた。同市長はチャリティーコンサートのステージ上で、地元に住む男ステファン・W(27)にナイフで刺された。病院へ搬送されて5時間にも及ぶ緊急手術が行われたが、心臓や横隔膜を含む内臓は重傷を負っており、助からなかった。

 現在、事件の様子を映した動画がYouTubeなどに公開されている。花火を持ってステージに立っているアダモウィチ市長。そこへ突然、ステファンが乱入して市長へ突撃。ナイフで何度も刺したようだ。会場に集まった何千人もの聴衆は状況をまったく理解しておらず、スマホを掲げてステージを撮影している。ステファンは、市長が以前所属していた中道保守「市民プラットフォーム」政権下で「不当に刑務所に入れられた!」と叫んだ後、周囲の人々に取り押さえられた。

 警察によると、ステファンは報道関係者用の許可証を使って入場したという。彼は過去に市内で4件の銀行強盗を犯して5年以上収監されていた犯罪歴の持ち主だ。事件当時は精神に異常をきたしている可能性もあったため、精神鑑定の後で事情聴取が行われた。

 死亡したアダモウィチ市長は、1998年以来グダニスクの市長を長きにわたり務めてきた。市長はリベラル派の実力者としてポーランドでは全国的に知られており、LGBTやマイノリティーの権利尊重を訴えてきた。昨年はゲイパレードにも参加し、同性愛者たちとともに行進。また、ユダヤ教会の窓が破壊される事件が起こった際も、破壊行為を厳しく非難し、ユダヤ人コミュニティーとの連帯を表明している。

 今回の事件を受けて、同国首相のマテウシュ・モラヴィエツキ氏は、アダモウィチ市長の死が国にとって「大きな悲劇」であると述べた。また、アンジェイ・ドゥダ大統領は、自身のツイッターに「敵意と暴力が最も悲劇的な結果と苦痛をもたらしました。このことを私たちは受け入れるわけにはいきません」と投稿した。

 事件が起きたチャリティーコンサートは27年の伝統を誇る慈善事業で、これまで9億5千万ズウォティ(約276億円)を国営病院に寄付してきた。このようなイベントで暴力事件が発生し、1人の政治家の命が奪われたことは衝撃的である。今後、同様の事件が起こらないことを願うばかりだ。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?