「膣にパセリを入れて月経を誘導せよ」英女性誌が推奨して流行懸念 → 死亡例もあるとして医者が警告の異常事態!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 パセリを生理促進や中絶のために使用する民間療法は昔からあり、2003年の研究によると、パセリは最も中絶に使用されるハーブだというしかし、パセリの膣挿入は深刻な感染症を引き起こす危険性があるのだ。

 昨年8月には死亡事故も起こっている。流産目的でパセリを膣に挿入した34歳のアルゼンチン人の女性が、子宮感染症を発症。すぐに子宮摘出手術を受けたが、その後女性は死亡した。子宮は非常にデリケートなため、雑菌が侵入するとすぐに感染症を引き起こしてしまう。

「膣にパセリを入れて月経を誘導せよ」英女性誌が推奨して流行懸念 → 死亡例もあるとして医者が警告の異常事態!の画像3画像は「getty images」より引用

「Marie Claire」のスポークスマンは今回の記事について「The Independent」にこう答えている。

「Marie Claireは、適切な専門家のアドバイスとともに、しっかりと研究された美容・生活情報を提供することに自信を持っています。残念なことに今回の記事はその基準を満たしておらず、削除するに至りました。誤った情報をお伝えしてしまったこと、普段はあるはずの注意と厳密さが欠けていたことを謝罪します」

 どちらかといえば健康的なイメージがあるパセリだが、使い方を間違えれば命を失うことになる。間違ってもパセリを膣に挿入してはいけない。
(編集部)

参考:「Mirror」、ほか

コメント

2:匿名 2019年1月23日 22:33 | 返信

パセリを挿れて流産するのは
パセリの成分より感染症じゃね?

1:匿名 2019年1月23日 20:04 | 返信

あほくさー

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。