マリリン・モンローはエイリアン情報を暴露しようとして暗殺された!? CIA、JFK、ロズウェル… 葬られた“闇と真犯人”に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 20世紀のハリウッドを代表する女優の一人、マリリン・モンロー。セックスシンボルとして一世を風靡し、私生活でもジョー・ディマジオやアーサー・ミラーといった有名人と結婚・離婚、さらにジョン・F・ケネティと不倫するなど常に話題を振りまき、わずか36歳という若さで死を遂げた伝説の女優である。彼女の死については当時からさまざまな説が取りざたされているが、最近では新たな陰謀論も囁かれている。なんと彼女は、エリア51にいるエイリアンについて知り、それを暴露したため殺されたというのである。


■大スターの謎多き死

 マリリンが亡くなったのは、1962年8月5日のこと。ロサンゼルス郊外ブレントウッドの自宅で、ベッドに全裸で倒れているところをメイドによって発見された。検死解剖の結果、死因は睡眠薬の大量服用によるバルビツレート中毒とされた。ハリウッドの大スターのあまりにも突然の訃報、しかも自殺の可能性があるとして、このニュースは世界中で大々的に報じられた。

 しかし、現場には不可解な点がいくつも残されていた。まず、薬を飲むのに必要なコップが見当たらなかったこと。倒れたマリリンの手には電話の受話器が握られていたのに、電話局に通話記録が残っていなかったこと。さらに彼女の赤い日記帳が消えていたのだ。マリリンは時の大統領ジョン・F・ケネディのみならず、その弟で司法長官ロバート・ケネディとも不倫関係にあったとされ、彼女を危険視したCIAやFBIによる暗殺・隠蔽説は当時から根強い。

 しかし、暗殺が事実だったとして、なぜマリリンは殺されなければならなかったのか? マフィアとの関係を危ぶまれていたという話もあるが、すでにケネディ兄弟との関係は終わっていたのだ。その答えとして近年新たな説が浮上している。マリリンはケネディ兄弟との交際中、エイリアンに関する機密情報を知ってしまい、捨てられた腹いせにそれを暴露しようとしていたというのだ――!

コメント

1:匿名 2019年1月28日 18:48 | 返信

ケネデイもモンローも月エイリアンの関係で暗殺された

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。