小室圭さんのマザコンぶりが重症…“解決済み文書”の黒幕はやはり母親!? 「何をしでかすかわからない」「一卵性親子」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9


 小室圭さんが公開した“解決済み文書”が波紋を広げている。秋篠宮眞子さまとの結婚は、一昨年末に報じられた母・佳代さんの430万円借金トラブルで頓挫。宮内庁はもとより、国民からも結婚辞退を求めるプレッシャーが増すなか、小室さんは22日に代理人弁護士を通じて、文書を公開した。

 強調されていたのは、佳代さんと元婚約者男性の金銭問題は「解決済み」であること。男性から婚約破棄を通達された際、佳代さんは返済意志を見せたが、男性側が「返さなくていい」と応じたとも記されている。

 一方で「解決済み」と言っておきながら、文末には「今後は元婚約者の方からご理解を得ることができるよう努めたいと考えております」と矛盾点も。案の定、元婚約者の男性は「解決していない」と猛反論し、文書を公表するにあたり、小室さん側から事前に接触すらなかったことを明かした。宮内庁関係者が呆れた表情で吐き捨てる。

「これではただの感想文。解決済みどころか、余計に騒動は泥沼化してしまった。頭の良い小室さんはこの文書が出たら、世論がどう反応し、マスコミがどう報じるかも想像できたはず。なぜ見切り発車したのか…」

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

9:匿名 2019年1月28日 22:34 | 返信

>> 8

自己愛の強い人は弱ってるフリとか被害者ヅラをするのが得意です
騙されてはいけませんよね

8:匿名 2019年1月27日 20:31 | 返信

>> 7

精神的に参っているふりをしてるだけ。
皇族とお近づき(親戚になって)甘い汁を吸いたいだけだよ。
国民皆が知っているのにね。

7:匿名 2019年1月27日 10:37 | 返信

引きこもりになるくらい精神的にまいってるなら
「私共には家柄が違い過ぎて 宮様をお迎えするのは無理です」と
さっさと身を引けばいいだけの話じゃん

6:匿名 2019年1月26日 12:03 | 返信

明らかに神経逆撫でする内容とタイミングなので、結婚に向けた声明といわれれば疑問だけど、お母さんの名誉回復のため声明と言われればそうかもですね。

5:匿名 2019年1月25日 18:20 | 返信

タイムズ紙の小室さげ記事が出た時期には
起死回生を狙って小室母は宮内庁に両陛下と面談したいと電話で要求してたらしいですね。
さげ記事に美智子さまが破談を望んでいるとの内容が出ていて
それも無理だと悟って代理の弁護士から小室文章を公表したのでしょう。
テレビにも取り上げられて多くの国民が小室親子の異常性を知るところとなり
問題が大きくなっただけですけど。

4:匿名 2019年1月25日 09:02 | 返信

もつれろもつれろ〜

3:匿名 2019年1月24日 23:45 | 返信

皆、世間の潜在的ベクトルは、海の王子の味方だぜ

2:匿名 2019年1月24日 20:47 | 返信

タイムズ紙の小室サゲ記事が報じられたのは2018年12月30日です
なので小室文書公表までには3週間ほどのあります
タイムズ紙報道を受けての行動とはいえないのでは

1:匿名 2019年1月24日 16:55 | 返信

イギリスのタイムズ紙が小室Kさげ記事書いたらすぐに”問題解決済み文章”を公表したよね。
さすがにNYにも飛び火して大学で特別扱いしてもらえなくなるって焦ったのかな?
早く最終解決しないのかな。
眞子さまはこんな一卵性母息子のどこが気に入っているのだろう。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。