広瀬すず、土屋太鳳…「グダグダ」「史上最悪…」ダメすぎる司会っぷりが叩かれた芸能人4人!

広瀬すず、土屋太鳳…「グダグダ」「史上最悪…」ダメすぎる司会っぷりが叩かれた芸能人4人!の画像1画像は、「広瀬すず」公式Twitterより

 昨年末に放送された『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK)で、紅組の司会を務めた女優の広瀬すず(20)。彼女の司会っぷりがネット上で、「見てて苦痛だった。グダグダだったし」と叩かれていた。

 昨年の紅白はウッチャンナンチャンの内村光良(54)が総合司会で、嵐の櫻井翔(36)が白組の司会に。広瀬は紅白の大舞台で、人生初の司会に挑戦した。テレビ越しに伝わるほど緊張していた広瀬は、欅坂46の曲終わりに「“乃木坂46”のみなさん、ありがとうございました」と痛恨のミス。それ以外にも、番組の進行を妨げるようなグダグダっぷりを見せつけている。

 広瀬の司会を見ていた視聴者からは、「広瀬すず、喋るタイミングもグダグダだし喋る内容も“!?”ってなるものばっか。司会に向いてないことだけはわかった」「広瀬すずの司会グダグダすぎる。曲フリ下手すぎて途中で切れたり、変なところで話し出したりしてアーティストの邪魔になってる」といった声が。翌1月1日にブログを更新した広瀬は、「昨日の紅白歌合戦の際に アーティスト様の言い間違えがあったことを 本当に申し訳なく思います、、大変、失礼致しました、、」と謝罪していた。

 今回は広瀬のように、司会が「グダグダ」と叩かれた芸能人たちをご紹介していこう。


●相葉雅紀

広瀬すず、土屋太鳳…「グダグダ」「史上最悪…」ダメすぎる司会っぷりが叩かれた芸能人4人!の画像2画像は、「」オフィシャルサイトより

 広瀬と同じく、嵐・相葉雅紀(36)も紅白の司会で叩かれていた。相葉が白組の司会を務めたのは、2016年末に放送された『第67回NHK紅白歌合戦』でのこと。番組でピコ太郎が新曲を披露する場面になった際、楽曲の演奏が始まった途端まさかの“時間切れ”に。このアクシデントに相葉は「いやマジで終わり、もう終わり!」とコメント。番組は中断し、21時のニュースへ切り替わった。

 だがニュース明けに相葉は、何事もなかったかのように司会を進行。このグダグダっぷりにネット上からは、「相葉くん好きだけど、庇いようがないほどグダグダだった…」「相葉雅紀の司会が全然パッとしてなかったし、年末にモヤモヤが残ったまま。私が見た中で、史上最悪の紅白だった」などの声が。同年の紅白はタモリ(73)とマツコ・デラックス(46)の寸劇や最終結果の発表もグダグダで、“稀に見るダメダメ生放送”としてテレビ史に悪名を刻み込んでいる。

関連記事

    プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ