【閲覧注意】出産直後の妊婦から「腸が漏れ出す」トラウマ事態! 帝王切開の傷口がパカっと開いて… 雑な縫合が招いた事故=英

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20190124_csection_01.jpg画像は、「The Daily Mail」より

 スコットランド・アバディーンシャーに住むメル・ブレムナーさん(38)は、第一子の出産から5日後、ショッキングな出来事に見舞われた。シャワーを浴びているときにシャンプーを取ろうと屈んだ時、なんと“腸が体の外に飛び出してしまった”のだ。しかし彼女は、叫び声を上げると裂けた腹部に圧力がかかると考え、夫のエイダン・ジョンソンさん(40)に冷静に助けを求めた。幸いにも軍歴のあるジョンソンさんは、負傷者の扱いに慣れており、妻と同様に冷静だった。ブレムナーさんを支えながら、シャワールームから居間のソファーに連れてきて、彼女をタオルで覆い、すばやく救急車を呼んだのだ。

 ブレムナーさんが第一子を出産したのは、2011年12月9日のこと。予定を過ぎても子宮口を十分に開くことができなかったため、緊急帝王切開による出産に切り替えられた。エルギンの町にあるDr. グレイズ病院で行われた手術は順調で、彼女は娘のナディと一緒にすぐ退院できた。術後の傷口を覆う創傷被覆材の検査もあり、しっかり「問題なし」と判断されたはずだった。出産から4日後、ジョンソンさんは妻の腹部の傷に2つの「白い塊」があるのを発見したが、特に気にしなかった。しかしその翌日、ブレムナーさんの腸が飛び出したのだ。

「私はまったく痛みを感じていませんでした、それはとても奇妙な事態でした! 救急隊員が到着して、私にモルヒネをたくさん投与すると、45マイル離れた最寄りの病院まで飛行機で搬送してくれました。そこで私の傷口は再縫合され、それから3日間入院しました。最悪だったのは、長い時間赤ちゃんから離れていなければならないことでした」(ブレムナーさん)

 再縫合の手術を担当した医師によると、ブレムナーさんの傷を縫い合わせている糸の端が短すぎたか、結び目がしっかり結ばれていなかったことが原因で傷口が開いたという。このことに関して、Dr. グレイズ病院はコメントを発表していない。

 トラウマになりそうな経験をしたにもかかわらず、これまでにブレムナーさんは4人の娘と3人の息子を出産した。一方で、腸が飛び出したときの写真を子育てサイト「ChannelMum.com」に公開して、帝王切開が「簡単」であるという“神話”に警鐘を鳴らした。そして、「実際のところ帝王切開は大手術ですが、手術時にはこのことがしっかりと妊婦と家族に伝えられていません。病院側は、あなたに『気楽に(帝王切開を)しましょう』と言って、(手術後に)あなたを帰宅させるだけです」と付け加える。

 医療技術の進歩により、帝王切開は安全な手術という認識が広まっている。しかし、ブレムナーさんが経験したような事故が実際に起こっていることを覚えておくべきだ。リスクを覚悟の上で出産に臨む女性たちへの敬意も忘れてはなるまい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?