【超・閲覧注意】泥酔したサイコパス夫の凶行! 隣人夫婦を銃殺、妻と無理心中… 雪が血に染まる凄惨な現場映像が流出!=露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【超・閲覧注意】泥酔したサイコパス夫の凶行! 隣人夫婦を銃殺、妻と無理心中… 雪が血に染まる凄惨な現場映像が流出!=露の画像1画像は、「Documenting Reality」より

 ロシア中央部のカザフスタン国境近くに位置する村ウチャリで今月13日、アーサー・イヴラギモフ(34)は一晩中友人と酒を飲み、泥酔状態でタクシーに乗って午前5時に帰宅した。そして彼は、自身より10歳若い妻にタクシー代を払うように言い放った。しかし、妻は夫の遅い帰宅を非難し、激しい口論となってしまう。やがてアーサーが妻を殴り始めたため、タクシー運転手はアーサーに落ち着くように言ったが、このことが却ってアーサーを刺激してしまったのだ。

 アーサーは家の中から12ゲージのショットガンを持ってきて、タクシー運転手を銃撃し始めた。ウォッカの飲み過ぎで酔っ払ったアーサーは、まともな思考ができなかったようで、とにかく銃を乱射した。タクシー運転手はタクシーを破壊されたが、何とか歩いて逃げ伸びた。

 一方、アーサーの妻は現場から逃げ、隣人の家に助けを求めた。するとアーサーは隣人の家のドアを破壊し、隣人夫婦を銃撃。夫人は胸を撃たれて即死。その夫も撃たれて意識を失い、床に倒れたが、奇跡的に一命を取り留めた。死亡した夫人の遺体画像が海外の過激画像サイト「Documenting Reality」などで公開されているが、胸元が銃弾で損傷しており、血が顔面とシャツを赤く染めている。虚ろな表情は、自らの身に何が起こったのか理解できないまま絶命したことを物語っているようだ。

 しかし、事件はそれだけでは終わらなかった。銃撃の音や叫び声などを聞いた別の隣人(非番の警察官)が騒動の様子を見に来たが、アーサーによって銃殺された。そしてアーサーは妻を連れて車で逃げようとしたが、泥酔していたためそれほど遠くまでは行けなかった。200メートルほど走行したところで車を乗り捨て、赤い壁の前で妻の顔面をショットガンで撃った後、自分自身も撃って自殺。顔面を損傷した2人の姿は、目を背けたくなるほど悲惨だ。妻は左頬が大きく抉れている。アーサーは頭部が大きく破損しており、顔半分は原形をとどめていない。

 村人たちの話によると、アーサーは嫉妬深い性格で、頻繁に妻を殴っていたという。普段からドメスティックバイオレンス(DV)を行っていたアーサーが、この日は隣人をも巻き込んで暴走したのだろう。DVは家庭内だけの問題だけはないということを改めて実感させられる事件である。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?