「嵐はOKだけど、キンプリはNG」活動休止の超真相はやはりKing&Princeか!? ジャニーズ内部の変化を暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

「嵐はOKだけど、キンプリはNG」活動休止の超真相はやはりKing&Princeか!?  ジャニーズ内部の変化を暴露!の画像1

 国民的アイドルグループ「」が来年いっぱいで活動休止することを27日、発表した。リーダーの大野智が脱退の意向を示し、メンバー5人で話し合いを重ねた結果、グループ活動休止の結論に至ったという。同日行われた会見で大野は「2017年6月中旬ごろメンバー4人に集まってもらって『いったん活動を終えたい』と気持ちを打ち明けた」と説明。

 その後「5人で何度も話し合った」と明かし、昨年6月に2020年で嵐の活動を休止することで一致した。一昨年末に解散したSMAPとは違う「前向きな活動休止」と言えそうだが、すべてが美談というわけではない。

「今にして思えば、昨秋からのジャニーズ広報担当者の動きはこの日を見越してのことでしたか」。そう証言するのは週刊誌デスクだ。ジャニーズ事務所は今年に入り、仇敵である「週刊女性」(主婦と生活社)と“手打ち”。このほか、週刊新潮や東京スポーツとも昨秋ごろからジャニーズの名物広報担当者が接触を図り、関係改善を持ちかけていた。

「嵐の活動休止はビッグビジネス。来年12月まで行われるコンサートツアーは全50公演、通算237万5000人の動員を予定している。ベスト盤やライブDVDの発売は確実で、残り2年で嵐が稼ぐ金額は1000億円に迫るとみられている。全マスコミを味方に付け、成功に導きたいのでのしょう」(同)

 タイミング良く会見翌日の28日からコンサートチケットの申し込みが開始されるのも無関係ではなかろう。

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年1月30日 01:11 | 返信

キンプリが何かわからないw
ジャニーズがどこまでも落ち目ということはわかった。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。