【閲覧注意】両眼をウジ虫に喰われた子猫の手術映像が悲しすぎる! 腐った眼球にうじゃうじゃ… トラウマ級でも再生数1000万超え!

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】両眼をウジ虫に喰われた子猫の手術映像が悲しすぎる! 腐った眼球にうじゃうじゃ… トラウマ級でも再生数1000万超え!の画像1画像は、「YouTube」より

 傷口が腐敗して、ハエの幼虫であるウジ虫が寄生することを「蝿蛆症(ようそしょう)」という。蝿蛆症を引き起こすウジ虫は、壊死した組織だけでなく健康な組織をも食い荒らすため、傷が悪化する原因となる。トカナでは人間の蝿蛆症について何度か報じてきたが、蝿蛆症はペットや野生動物にも発症する恐ろしい病気である。今回は、2016年4月にYouTubeで公開され、すでに再生回数が約1000万回を記録した動画を紹介しよう。

 インドネシアで撮影された動画には、生後1カ月未満の子猫が映っている。獣医師が子猫は頭を押さえ、ピンセットで目から何かを取り出している――ニュルッと引き抜かれたのは、白くて小さなウジ虫だった。動画の解説によると、この子猫は溝の中に落ちていたところを拾われたそうだ。この時、すでに両目の眼球と周辺の組織は腐り果て、そこにウジ虫が繁殖していた。また、子猫は風邪をひき、目や鼻から異臭を放つ粘液を出しており、それがさらにウジ虫を引き寄せたと考えられている。ミーミーと鳴いている子猫の目から丁寧にウジ虫が取り除かれ、その後、獣医師は腐敗した眼球や組織を除去する手術に移ったという。

 動画の子猫は視力を失ったが、優しい家族に拾われて飼われることになったのだから、人知れず朽ち果てていく野良猫よりも幸せなのかもしれない。一方で、人間に飼育されていたにもかかわらず、蝿蛆症になったために放棄されてしまった動物たちも少なくない。

 インド紙「New Delhi Times」(先月28日付)には、蝿蛆症に苦しむ動物たちに関する記事が掲載された。「バリ」と名付けられた牡馬は、頭部に拳大の穴が空き、脳が露出していた。さらにその傷口にハエが卵を産み付け、ウジ虫が繁殖していた。バリは廃墟に横たわっていたところを発見された。幸いなことに、バリは3カ月間の治療を経て回復し、生き延びることができた。しかし、蝿蛆症にかかった動物の多くは、発見時にはすでに手遅れで、安楽死させるしかない場合も多いという。こうした動物たちのほとんどは、ペットとして飼育されていたが、最終的には飼い主に見捨てられてしまうのだ。

 蝿蛆症にかかっても治療を受けて救われる命と、飼育を放棄されて苦しみながら死んでいく命――。動物の命を翻弄するのは、蝿蛆症ではなく人間であるということを忘れてはならない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?