小室圭さん、「X氏と和解」しても結婚は無理!? 宮内庁の“拭えぬ不快感”と秋篠宮殿下の無表情とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 小室圭さんが投じた禁じ手とも言える「解決済み文書」が思わぬ波紋を広げている。秋篠宮眞子さまとの結婚が、実母・佳代さんの400万円借金トラブルで暗礁に乗り上げ、小室さんは事態打開のため、今月22日に母の元婚約者男性X氏との間に生じている金銭トラブルは「解決済み」とする文書を一方的に公表した。本来、この手の文書はX氏と何度もすり合わせ、宮内庁からも了承を経て表に出すべきもの。ところが、小室さんはXの氏にも宮内庁にも内緒でこの文書を発表したため、各方面から批判を浴びることとなった。

 ところが、だ。X氏は「解決済みとは思っていない」と反論しつつも、小室家との交渉のテーブルにつくことを明言。X氏が工面した生活費や小室さんの学費について、親子は依然として「贈与に当たる」と主張しているが、それではラチが開かないと察知したのか「最近になってX氏に慰謝料名目で多少の金銭を渡すことを提案している」(事情通)という。X氏も貸した400万円の大半が戻ってくるのならば、騒動は水に流すつもりという。

 秋篠宮殿下は昨年11月に行った記者会見で小室親子に「相応の対応」を求めた。これは金銭問題の完全解決を指すものとみられ、急転直下でX氏との交渉がまとまれば、小室さんと眞子さまの置かれている状況は好転する。小室さんの狙いもまさにそこで、一見無礼に見える「解決済み文書」を公表したことで、マスコミを巻き込み、X氏を交渉の場に引きずり出すことに成功した。小室親子は「あとはX氏と和解さえすれば…」と思っているに違いない。

 だが、親子の期待をよそに宮内庁と秋篠宮夫妻の反応はイマイチだ。宮内庁の西村泰彦次長は28日の定例会見で文書について「コメントする立場にな。今後特段の対応も考えていない」と塩対応。秋篠宮夫妻の受け止め方については「伺っていない」という。どこか突き放したようなリアクションなのはナゼか?

コメント

8:匿名 2019年2月9日 12:14 | 返信

元婚約者との借金トラブルよりも
現在の留学費用(滞在費等)が前会社からの「貸与?」貸付ってことでしょ?
これって立派な借金だよね
これについて誰も何も言わないのが不思議でたまらん

7:匿名 2019年2月1日 03:12 | 返信

問題の本質は、低俗な母親の借金問題ではない。そもそも、小室圭に、成年男子として、女子をその気にさせ、めとる資格がない。27歳にして自分の飯も食えない者に、その資格があるのか。一般成年男子であれば、生活基盤を整えている歳である。今からロースクール、ふざけるな。弁護士をなめるな。食っていくのは大変だぞ。報道番組やコメンテータは、帰するところを見ていない。大丈夫か。母親の借金の問題ではないのである。世の一般尋常に照らし、小室圭という男に、その資格がないことは一目である。世俗を知らない皇室、紀子様、眞子様親子を導けない宮内庁は何をしているのか。泥ぬぐいこそが公務員たる宮内庁の本務。皇室にさせるのか。ふざけるな。眞子様の暖簾のシミをこれ以上広げさせないためにも、1日も早く遮断すべきである。この問題が海外に拡散し、日本の皇族が汚されていくことを恐れる。

6:匿名 2019年1月31日 20:42 | 返信

別に構わんだろう。好きな男女が結婚するのだから。外野がとやかく言う問題ではない。現に、今外国のロースクールで頑張っているのだろう?全く問題ないと思うが。
ましてや、血税云々言う輩がいるが、お前らから搾り取った金なんぞで皇族が生活しているはずがないわけで。というより、そもそも税金は何らの国家運営にも用いられていないのだが。

5:匿名 2019年1月31日 03:07 | 返信

字の間違いが多くて読みづらい記事だ。

4:匿名 2019年1月30日 18:32 | 返信

内親王殿下の下賜金で、解決の見込みとかなんかな?
だとすると、皇室利用で、マイナスポイントなのかなあ?
小室さんは、ネタが尽きませんね。

3:匿名 2019年1月30日 16:55 | 返信

小室父と祖父が相次いで不審死を遂げている件を追及してほしい

2:匿名 2019年1月30日 15:09 | 返信

秋篠宮の興味が失せるのも無理ないよね。胡散臭い経歴やうわべだけの笑顔に騙されてただけで、一皮剥けば、しょーもない男だってのがバレたってこと。

1:匿名 2019年1月30日 14:20 | 返信

XJLL-MHIhjllmnfgfxxdoppてそろを

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。