YouTuber(ユーチューバー)をナメている芸能人たちの本音を関係者暴露!「嫌悪感さえある」

YouTuber(ユーチューバー)をナメている芸能人たちの本音を関係者暴露!「嫌悪感さえある」の画像1画像は、ゲッティイメージ

 3人組YouTuberのカリスマブラザーズが31日、自身のチャンネルで動画を配信し、解散することを発表し、SNSでは人気芸能人並みかそれ以上に話題となり、ユーチューバーの社会的影響力が示された。しかし、一部芸能人の中にはいまだに「ユーチューバーは簡単」という思い込みがあるようだ。

 何かあれば明日にでも全ての仕事を失い、同時に収入も失う可能性を抱えて生きている芸能人。無論、芸能界に入る時点でその不安定さも含めて承知済みではあるが、最近の芸能人は少々ナメたことを言っているという。

「将来に不安を抱えるのは芸能人ならば誰もが同じですが、それでも売れっ子になれるかもしれないと夢を見てみんな頑張っています。しかし、最近芸能界入りしてくる芸人やモデルの中には逃げ場を用意している人間もいます」(芸能事務所マネージャー)

 逃げ場を保険として用意するのは悪いとまでは言えないが、どうやらその考え方に問題があるらしい。

「食べられなくなったときのために副業をしていたり、アルバイトを継続する人もいますが、最近は『売れなくなったらユーチューバーになればいい』と真顔で言う芸能人もいるんです。ある程度まで売れているタレントならユーチューブでも食べていけるかもしれませんが、まだ名前も顔も売れていないような連中がこういうことを平気で言うので嫌になりますよ」(同)

 食べられなくなったらユーチューバーとはシンプルすぎる考え方だが、その姿勢には嫌悪感さえあるという。

「テレビや雑誌に数回出ただけでもすでに顔が全国に売れていると思っているようで、自分がユーチューバーになればチャンネル登録が100万件を超えると本気で思っています。こういう意見を聞いていると真剣にユーチューバーをしている人をナメているのかと言いたくなります。だいたい芸能がダメだからユーチューバーなら行けるという時点で世の中をナメてますし、こういう考え方をしている人間は芸能界でも生きていけませんからね。そういう人間をマネージメントしていると嫌気がさします」(同)

 たしかに現役のユーチューバーの苦労も知らずにこのようなことを言う輩は芸能界でも成功できないだろう。行く末は見えていると言える。
(文=吉沢ひかる)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ