【節分】「恵方巻き」の起源はフェラチオだった!? 公衆の面前で女が男のペニスを“丸かぶり”する伝統行事=西日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

【日本奇習紀行シリーズ】 中部地方

ehmk_1.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 毎年、正月が明けて成人式が過ぎた頃になると、コンビニエンスストアやスーパーなどの小売店の店頭では、早くも節分の「恵方巻き」の予約を受け付けるPRポスターなどが貼られている様子を目にするが、古今東西の文化・習慣を眺めていくと、世の中にはとんだ“恵方巻きもどき”の儀式があることに気づかされる。


「……ハハ、なにせ人前でそういうことをするんだからね、とてもじゃないけど、よその土地の人には言えやしない話だよ(苦笑)。俺はもう、何十年も前に東京に出てきちゃったから、“時効”だと思って話すけどもね」


 かつて自身が生まれ育った西日本のとある地域に存在したという、“恵方巻きもどき”の儀式について、そう苦笑しながら語るのは、都内在住の元自営業・門倉仙太郎さん(仮名・72)。門倉さんの話によると、彼の出身地であるその地域では、毎年、節分を迎えると、地域の夫婦が全員参加する実に“珍妙な儀式”が行われていたという。


「察しの良い人ならばすぐにわかると思うんだけれどもね、夫婦者はね、お互いが見ている中で、恵方巻きよろしく、旦那がカミさんにてめえのナニを咥えさせるっていう、実に馬鹿げた儀式? 風習? なんかそのへんは良くわからないけれども、とにかくそういうのがあってさ(苦笑)。だからね、最初にテレビで恵方巻きの話を観た時に、俺は“ああ、あれがこうなったのか!”って思ったほどだよ」

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

7:匿名 2019年2月4日 09:21 | 返信

あっこれ嘘だからw、でも嘘なのに順調に広まってて草、トカナの取材力も大したことないなw
某スポーツ新聞なみぢゃんw

6:トランプ大統領 2019年2月4日 02:43 | 返信

恵方巻は売れていないのになぜ売るのだ?
太巻きをかぶりついて食べるとはみ出てるから、切って食べるのが普通だ。
縁起物など、もう時代錯誤ではないのか?お前のは切った細巻きだろ!
あれがチンコだというなら金玉も付けて具はマヨネーズ入りでないとダメだ。

5:匿名 2019年2月3日 23:05 | 返信

これ系の記事に出てくる人みんな口調が同じなのは何故?
年配の方だと方言とかきつそうなもんだけど

4:匿名 2019年2月3日 22:40 | 返信

つまんな
そんなに西日本のネガキャンが楽しいかい?

3:匿名 2019年2月3日 19:18 | 返信

嘘つけ絶対違うゾ。
こんな記事見るのは時間の無駄だって、はっきりわかんだね。

2:匿名 2019年2月3日 19:02 | 返信

アフォのつぶやきが起源わろた、まるで半島脳やないかい

1:匿名 2019年2月3日 14:38 | 返信

いつものことだが残念ながらハズレ。
海苔が売れない時期に拡販するための、海苔業界の販促策が起源である。
つまり、平賀源内が言った土用の丑の日に鰻、と同じ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。