「恵方巻き」の起源はフェラチオだった!? 公衆の面前で女が男のペニスを“丸かぶり”する伝統行事=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 中部地方

「恵方巻き」の起源はフェラチオだった!? 公衆の面前で女が男のペニスを丸かぶりする伝統行事=西日本の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 毎年、正月が明けて成人式が過ぎた頃になると、コンビニエンスストアやスーパーなどの小売店の店頭では、早くも節分の「恵方巻き」の予約を受け付けるPRポスターなどが貼られている様子を目にするが、古今東西の文化・習慣を眺めていくと、世の中にはとんだ“恵方巻きもどき”の儀式があることに気づかされる。


「……ハハ、なにせ人前でそういうことをするんだからね、とてもじゃないけど、よその土地の人には言えやしない話だよ(苦笑)。俺はもう、何十年も前に東京に出てきちゃったから、“時効”だと思って話すけどもね」


 かつて自身が生まれ育った西日本のとある地域に存在したという、“恵方巻きもどき”の儀式について、そう苦笑しながら語るのは、都内在住の元自営業・門倉仙太郎さん(仮名・72)。門倉さんの話によると、彼の出身地であるその地域では、毎年、節分を迎えると、地域の夫婦が全員参加する実に“珍妙な儀式”が行われていたという。


「察しの良い人ならばすぐにわかると思うんだけれどもね、夫婦者はね、お互いが見ている中で、恵方巻きよろしく、旦那がカミさんにてめえのナニを咥えさせるっていう、実に馬鹿げた儀式? 風習? なんかそのへんは良くわからないけれども、とにかくそういうのがあってさ(苦笑)。だからね、最初にテレビで恵方巻きの話を観た時に、俺は“ああ、あれがこうなったのか!”って思ったほどだよ」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ