節分の奇習! 少年たちを羞恥まみれにした“肛門豆吹き”! 鬼もドン引きレベルの激ヤバ儀式が関東に実在か!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

【日本奇習紀行シリーズ】 南関東

kishuu3131_01.jpg画像は「Getty Images」より引用

 毎年、2月の節分を迎える頃となると、有名人による豆まきイベントの様子が、情報番組などでもしばしば紹介されているが、そうした中、南関東のとある地域では、なんとも珍妙な豆まきが、その昔、行われていたのだという。


「ああ、“豆吹きね”(苦笑)。よそでは何て呼んでるのかわからないけど、少なくともここいらじゃ、“豆吹き”って言ってたよ」


 世人の多くが「豆まき」をする中で、その昔、南関東の一部地域で行われていたという「豆吹き」なる珍妙な儀式についてそう語りはじめたのは、現在、郷里を離れた房総半島に移り住み、長男夫妻とともに、サーフィン客目当てのペンションを経営しているという藤沢清六さん(仮名・75)。なんでも藤沢さんの話によると、彼が生まれ育ったというその地域においては、少年たちが中心となって盛り上げた不思議な儀式が行われていたという。


「そう、世間一般には、豆って、撒くものだろう? けれどもね、あそこらじゃ、撒くのではなく吹くの。うーん、説明するのは難しいんだけれどもね、その歳に12歳の年男となる子だけを集めてね、尻の穴にさ、豆を詰めるんだわ。それをね、屁で飛ばすっていうさ、馬鹿馬鹿しい行事なんだけれどもね、なにせその豆をさ、掴み取ることができるとね、そこからの1年、絶対に怪我や病気をしないっていう言い伝えがあるものだから、子供から年寄りまで、それこそ必死になって豆をとりあったものでね……まあ、いい時代だったよな(苦笑)」

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

3:トランプ大統領 2019年2月2日 22:07 | 返信

まず屁で飛ぶことはないので
逆に鬼に「尻で飛ばすんだろう?」と豆を入れられて
腸が破裂するか腸閉塞になりブラックに死亡する可能性ありだ。
リアルならば、そんな頭のおかしい奴は金棒で頭を潰されるんじゃないのか?
「豆でこの俺がどうなると思っているんだ

2:匿名 2019年2月2日 21:16 | 返信

女の子のだったら食いたかった

1:匿名 2019年2月2日 20:11 | 返信

縁起物(エンガチョw)の その豆 
食った奴もいるんだろうな(笑)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。