嵐の「東京五輪出場」が絶望的な理由とは? 活動休止の切り札も効果薄「選ばれるのは…」

嵐の「東京五輪出場」が絶望的な理由とは? 活動休止の切り札も効果薄「選ばれるのは…」の画像1

 ジャニーズ事務所のアイドルグループ、が2020年をもって活動休止すると電撃発表した。ラストイヤーの2020年には東京オリンピック・パラリンピックが控えており、どうしてもその舞台に立たせたいという思いはジャニーズの間で強い。現時点でジャニーズの思惑通りに話は進んでいないが、「活動休止カード」を手に最後の押し込みに入る予定だ。

 嵐は2020年いっぱいまで活動する理由として、ファンに感謝するためのツアーの開催、そしてスポンサーやレギュラー番組が余裕を持って調整できるように、としている。

「嵐は東京五輪のオフィシャルエアラインパートナーのJALのCMに出演しており、東京五輪でもJALの“顔”として活動することが決まっている。だからそれまでは活動休止することはできないので、2020年いっぱいとなった」(広告代理店関係者)

 東京五輪に深く関わるJALのCMキャラクターとしてだけではなく、「櫻井翔は日本テレビの五輪番組キャスターに内定している」(日テレ関係者)など、様々な形で東京五輪とリンクするだろう嵐だが、やはりどうしても実現したいのは、開閉会式でのステージだ。

「東京五輪の舞台で嵐が歌うというのはジャニー社長、ジャニーズの悲願。五輪開催が決まってから、実現に向けて色々なルートを使って積極的に動いてきたが、どうも思わしくない。そこで最後の切り札として『活動休止』を使い、何とかして出場できる道を探っている」(芸能プロ関係者)

 2020年で一旦、活動を終える嵐にとって、東京五輪の舞台に立ち、その模様が世界中に流れれば、これ以上ない花道となることは間違いない。日本国内の嵐ファンもそれを望んでいるが、それでも依然として出場の可能性は高くない。

「嵐は国内の知名度に比べると、海外が弱いことは否めない。和の要素も薄いため、『この人たちは誰?』となりかねず、いくら国内で人気とはいえ選びづらい。そもそも世界中で放送されるため、アイドルグループではなく、もっと認知度が高い普通の歌手を選ぶ可能性が高いと言われている。一部では絶望的という声も。今後の活躍次第でしょうね」(前同)

 活動休止という最大のカードを手にした嵐は、望み通り東京五輪のステージに立つことができるか。ジャニーズの最後の大攻勢が始まる。
(文=大五郎)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ