「臨死体験」を引き起こす瞑想の存在を徹底解説! 世界の仏教僧を研究した学者ゴードン教授・激白独占インタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 今回の研究は2つの研究から成っています。研究1では、被験者にMI-NDEをする直前と直後にNDEスケールに答えてもらい、年に1回ずつ3年間同じテストを行ってもらいました。

 そして、MI-NDEとその他の瞑想経験を比較してみたところ、MI-NDEの経験の方がより霊的に強いものだと分かりました。つまりMI-NDEは神秘的な経験を引き起こすということです。また身体への執着を取り除く効果も認められました。

 3年間の実験で被験者のMI-NDE経験が深まっていくことも確認できましたので、MI-NDEは学習することができることも示唆されました。


「臨死体験」を引き起こす瞑想の存在を徹底解説! 世界の仏教僧を研究した学者ゴードン教授・激白独占インタビュー! の画像4画像は「getty images」より引用

 

――今回の被験者にはテーラワーダ仏教僧、大乗仏教僧、密教僧がおり、それぞれの瞑想システムはかなり異なると思うのですが、彼らにとってMI-NDEとは具体的にどんな瞑想を指すのでしょうか?

博士 良い質問ですね。もちろん様々な瞑想法があります。しかし、究極的には全ての瞑想は同じ方向を向いており、どこかで合流すると思うのです。熟練した瞑想修行者は、どこかでそれぞれの瞑想法という伝統から自由になり、より普遍的な真理に遭遇するのです。これは仏教の瞑想に限ったことではなく、他のあらゆる宗教伝統の瞑想とはそういうものであると思っています。

 ですから、今回の研究ではMI-NDEの経験が宗派を問わず驚くべき一致を見せたのだと思います。瞑想は方法ですから、目的を達成したら、個々の瞑想技法は超越されるのです。

インタビュー後編はコチラ
(編集部)

トカナ独占インタビューシリーズ(海外編)

コメント

5:匿名 2019年2月10日 14:22 | 返信

>> 4

リラックスよりも意識をコントロールみたいな感じだな
本当に寝てしまったら倒れて危ないもんな

4:匿名 2019年2月10日 04:33 | 返信

>> 3

眠くなるのは本来の瞑想とは違うやり方をしている可能性がある。
そのままさらに眠たくなるといわゆる魔境と呼ばれる危険な状態に陥りやすくなる。
本当の瞑想は眠くなるどころか起きてる状態よりも意識がハッキリとしてくる。その延長線上にいわゆる霊能力だの超能力だのがあるだけ。別に不思議なことではない。
どなたの書籍でもけっこうなので誰か実力のある先生の書籍に目を通されることをすすめる。

3:匿名 2019年2月10日 00:49 | 返信

なかなか難しいね
集中したと思っても眠くなるしw

2:米谷明 2019年2月9日 21:58 | 返信

 中澤新一「チベットのモーツアルト」はオーム事件以来、国内で激しい批判に晒されたが、私は逆にオーム事件後に氏の著作に興味を持った。「神の発明」では、世界の宗教各派の瞑想法が紹介されており、「神秘体験」への氏の考えが披露されている。中澤氏は氷河期を乗り切って進化した人類の脳構造に「神」体験の起源を求め、独自の考えを展開なさっている。
 話は飛ぶが、安倍晋太郎、晋三親子とオーム真理教との関係をその一部として含む島津論文(英文)を読むと、中澤新一氏は政治家、メディアに嵌められたのではないかとの疑念が深まる。どちらにしても、中澤新一氏は私にとって重要な人物である。

1:匿名 2019年2月9日 13:49 | 返信

瞑想についてだが深い瞑想状態にしかも安全に到達する方法を教えている先生は意外に少ない。
よく「○○をイメージしましょう」「○○と繋がっているの想像しましょう」とかあれは瞑想でもなんでもない。
こういうわけのわからんことをやっているといわゆる魔境と呼ばれるところに陥りやすい。
瞑想法はあくまで技術であり修練法なのでイメージはさほど関係ない。息の使い方や息の吐き方、体の使い方コントロールの仕方など詳しく説明できる先生の門を叩くかそのような先生の本を読めばよい。小遣い稼ぎのためスピ本書いてる普通のおばちゃんの本なんか決して読まぬように!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。