激ヤバ「性奴隷農場」を経営、有名ブラジル人が逮捕される! 10歳の娘と近親相姦、人身売買、強姦、被害者600人超…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
激ヤバ「性奴隷農場」を経営、有名ブラジル人が逮捕される! 10歳の娘と近親相姦、人身売買、強姦、被害者600人超…!の画像1ジョアン・テイシェイラ・デ・ファリア「New York Post」より引用

 神のヨハネスと呼ばれ親しまれてきたブラジルの霊媒師(サイキック外科医)ジョアン・テイシェイラ・デ・ファリア(77)。彼はカリスマヒーラーとして知られており、主催するヒーリングセンター「Casa de Dom Inácio de Loyola」には、クリントン元米大統領やナオミ・キャンベルも訪れたことがあるという。

 デ・ファリア氏が一躍有名となったのは2010年のこと。慈善家でもある米有名女優オプラ・ウィンフリーがデ・ファリア氏と出会い“気絶しそうなほどの法悦”だったと語ったためだ。その後、デ・ファリア氏の名声はブラジルのみならず世界中に知れ渡るようになった。

 だが昨年12月、カリスマ指導者の化けの皮が遂に剥がされた。オランダ人女性がデ・ファリアに性的暴行をされたとテレビで暴露したことをきっかけに、600人もの女性が世界中で被害を訴えたのだ。しかし、これはデ・ファリアの悪行のほんの一部でしかなかった。ブラジル人活動家サブリナ・ビッテンコート氏の調査により、デ・ファリアが組織ぐるみで女性を性奴隷化、人身売買に手を染めていたことが明るみになったのだ。

激ヤバ「性奴隷農場」を経営、有名ブラジル人が逮捕される! 10歳の娘と近親相姦、人身売買、強姦、被害者600人超…!の画像2画像は「New York Post」より引用
人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。