新井浩文は××専門の強姦魔だった!? 「私もヤラれた」タレコミ殺到、性癖のヤバさ露呈…!

関連キーワード:

,

新井浩文は××専門の強姦魔だった!?  「私もヤラれた」タレコミ殺到、性癖のヤバさ露呈…!の画像1画像は、anore公式ページより

 映画「アウトレイジ」にも出演した実力派俳優の新井浩文容疑者(本名パク・キョンベ)が、派遣型マッサージ店の30代女性従業員への強制性交容疑で警視庁に逮捕された。同容疑者は昨年7月1日の午前2時半ごろ、東京・世田谷区の自宅マンションに女性従業員Aさんを招いた。Aさんのことは「好みのタイプ」で写真指名していたという。Aさんが入ると、部屋は真っ暗で、新井容疑者は下半身の施術を強要。これにAさんが「それ以上はダメです」と拒否すると、力ずくで乱暴を働いたという。警察の調べに新井容疑者は当時、酒に酔っていて「記憶があいまい」と供述する一方で「頭を押さえつけていない」と一部を否認している。

「記憶があいまいという割には『頭を押さえつけていない』と暴行の詳細は否定している。部屋を真っ暗にしたのも“顔バレ“を恐れたからで計画性がうかがえる。手際の良さから、派遣セラピスト専門の強姦魔である可能性も指摘されている」とは捜査関係者。

 事実、匿名ながら昨年10月の段階で事件をスクープしていた「実話ナックルズ」は被害者が複数いることをにおわせている。社会部記者によると「新井容疑者が同店を利用したのは4回目。それ以前の3回についても捜査が進められている」という。

 そもそも新井容疑者は性的サービスのない派遣マッサージを「デリヘル」扱いしていたフシがある。ツイッターでは「4人同時にマッサージしてもらいたい」「やっぱり5人同時にマッサージがいい」「可愛い女子5人のマッサージが必要なレベル」など妄想を爆発させていた。

 3日のフジテレビ系「Mr.サンデー」では、別の店舗で新井容疑者を担当した女性セラピストのインタビューを放映。その女性によると、Aさん同様、部屋を真っ暗にされ、みだらな言葉を浴びせられたり、股間の付け根を強くマッサージするよう求められたという。

 スポーツ紙デスクは「事件は氷山の一角。報道後、週刊誌の編集部には新井容疑者に関するセラピストのタレコミが相次いで寄せられているそうです。中には『私もヤラれた』というものも…。現在、信憑性を精査していますが、過去に出張セラピスト相手にヤレてしまったことが、歪んだ性癖を生む原因になったのかもしれません」と推察する。

 演技派俳優の仮面を被った“ドS変態モンスター”だったようだ。
(文=もみかえし)

新井浩文は××専門の強姦魔だった!? 「私もヤラれた」タレコミ殺到、性癖のヤバさ露呈…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで