【閲覧注意】ハイエナに生きながら“ゆっくり”喰われるヌーが悲惨すぎる! 内臓が飛び出しても死ねない苦痛… これぞ自然の摂理だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】ハイエナに生きながらゆっくり喰われるヌーが悲惨すぎる! 内臓が飛び出しても死ねない苦痛… これぞ自然の摂理だ!の画像1画像は、「Liveleak」より

「動物の権利(アニマルライツ)」には、家畜を食肉処理する場合にできるだけ苦痛を長引かせるべきではないという主張も含まれる。インターネットの普及に伴って動物愛護の世界的な流れが形成されつつある現在、各国では法律が改正され、食用動物の扱いが見直されている。たとえば、スイスでは昨年1月、ロブスターなどの甲殻類を生きたまま熱湯で茹でる調理法が法律で禁止された。

 こうした動物愛護政策が支持を集める一方、伝統的な食文化が失われたり、調理が非効率的になるなどの批判もある。また、自然界に目を向ければ、動物の苦痛を長引かせるべきではないという主張が果たして自然の摂理に適っているのかどうか、そもそも疑わしい面もある。今、ハイエナに生きながらゆっくりと喰われるヌーを映した動画が海外の動画共有サイト「Liveleak」に公開されている。これを見たうえで、動物の権利について改めて考えてもらいたい。

 動画には、後ろ足を負傷して草原に横たわる1匹のヌーが映し出される。そこへ1匹のハイエナがやって来た。ヌーはハイエナを追い払おうと必死に立ち上がって威嚇するが、血まみれの後ろ足を引きずりながらでは迫力に欠ける。ハイエナは、やや距離を取りつつも、ヌーから離れようとしない。ハイエナは、ヌーの後ろ足の傷口を狙えばよいことをわかっているのだ。そして次の瞬間、ハイエナがヌーの後ろ足に飛びついた。その場にへたり込んだヌーは、傷口をさらに食い荒らされるが、もはや反撃するだけの力は残っていなかったようだ。時折動いてハイエナの胴に角をぶつけようとするが、せいぜいかする程度で、ダメージを与えることはできない。ハイエナは顔を真っ赤に染めながら、生きているヌーを貪り続ける――。

 他にも、仰向けに倒れたヌーの腹に頭を突っ込むハイエナや、ヌーの腹から内臓を引きずり出して食い千切るハイエナなども映っている。ヌーたちは、どれほどの苦痛を感じているのだろうか?

 野生の肉食動物が、生きている他の動物をゆっくり食べるのは決して珍しくない。こうした光景を前にして、動物の苦痛を長引かせるべきではないと主張しても虚しいだけだろう。一方、人間は野生動物と異なるからこそ動物愛護の精神を大切にすべきだと考える人々もいるに違いない。自然の摂理を踏まえたうえでの議論が求められる。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

8:匿名 2019年2月24日 15:57 | 返信

首根っこ狙って絶命させるライオンさんは優しいなと感じた。

7:匿名 2019年2月9日 13:09 | 返信

動物園が残酷とか言ってる奴もいるが野生の方が残酷やな。

6:匿名 2019年2月6日 12:57 | 返信

ロシアダッケカナ?
娘が母に「今熊に喰われてる」と母に電話をした事件があったなと思い出した

5:匿名 2019年2月6日 05:29 | 返信

ここまで損傷したら痛覚が遮断されて痛みは感じなくなっているだろう

4:匿名 2019年2月6日 04:44 | 返信

人間界の屑どもの集いwww

3:匿名 2019年2月6日 04:26 | 返信

人間どもも踊り食いとか魚を生きたまま捌いてまだ動いてるやつを食うとかやってるからまあハイエナと同じだわな
せめて殺してから食えばいいのにといつも思う

2:匿名 2019年2月5日 23:07 | 返信

1番最初はハイエナがヌーのキャンタマ狙って喰われたんでヌーは動けなくなったというのが
始まりだったりする。まあ、この動画は負傷した所ですけど最初から映ってる動画を観た覚え
がありますから・・・。

1:匿名 2019年2月5日 21:29 | 返信

ハイエナからすりゃ新鮮な肉食えるんだししゃーないわな、ヌーもかわいそうだけどしゃーないわな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?