息子が「合意なしに自分を生んだ罪」で両親を訴える準備開始! 遂にきた、反出生主義裁判「出産は誘拐、奴隷制に等しい」

息子が「合意なしに自分を生んだ罪」で両親を訴える準備開始! 遂にきた、反出生主義裁判「出産は誘拐、奴隷制に等しい」の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 インド人男性が「合意なく自分を生んだ罪」で実の両親を訴えたい語り、海外を中心に大きな話題になっている。

 英紙「Daily Mail」(2月4日付)によると、男の名はラファエル・サミュエル(27)。ムンバイに住む彼は、出産を“誘拐”や“奴隷制”になぞらえ、自分たちの快楽のために自分(サミュエルさん自身)を冗長なくだらない人生に放り込んだと語っている。

「両親にどんな恨みがあるのか?」と勘ぐってしまうが、サミュエルさんによると両親との関係は極めて良好であり、両親を愛してさえいるという。では、なぜ彼は両親を訴えるというのだろうか?

「私は両親を愛していますし、良好な関係にあります。しかし、彼らは自分たちの喜びと快楽のために私を生んだのです。私の人生はとても素晴らしいものです。しかし、私は他の人に冗長でくだらない学校生活や就職活動を押し付けたくないのです。なんといっても、全ての人は産んでくれと両親に頼んだわけではないのですから」

息子が「合意なしに自分を生んだ罪」で両親を訴える準備開始! 遂にきた、反出生主義裁判「出産は誘拐、奴隷制に等しい」の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 ポイントは「産んでくれと両親に頼んだわけではない」という点だ。つまり両親は子どもの意見を聞かず(そもそも産まれる前の子どもに聞きようがないが)、自分たちの喜びのために子どもを産んだのだから、それは合意なしに人を連れ去る誘拐行為や、合意なしに人の自由を奪う奴隷制に等しいというわけだ。

 このように「子どもを産むことは悪である」とする立場は“反出生主義”と呼ばれ、2006年に南アフリカ・ケープタウン大学哲学教授デイヴィッド・ベネターが出版した哲学書『生まれてこないほうが良かった:存在してしまうことの害悪)』(すずさわ書店)は、一部でカルト的な人気を誇った。サミュエルさんが同書を読んでいるかは分からないが、発言を見る限り影響は少なからず受けているように見受けられる。

ベネターと反出生主義の詳細はコチラの記事

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

■2020年8月10日~16日運勢「今週の不幸を回避し、...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ