藤田菜七子は女王になれるか!? 関西馬が集結するフェブラリーステークスの“超穴馬”をプロが暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
feTCN3.JPGフェブラリーSは関西馬の強豪がズラリ

■今年のフェブラリーSで買うべき馬は!?

 競馬ファンや競馬関係者なら誰もが知る競馬界の格言がある――「西高東低」だ。確かに、ここ10余年の成績を見ると、関西馬が関東馬を圧倒している傾向は明白だ。2018年の関西馬と関東馬の勝利数を比較すると、

関西馬 2029勝
関東馬 1428勝

 となっており、関西馬が601勝も多い。しかもフェブラリーステークスでは、その「西高東低」の傾向がより顕著に出ているのだ。

今週行われるフェブラリーステークス(G1)では、なんと2000年から2017年まで関西馬が勝利を収めた。昨年は関東馬が1998年以来の勝利を手にしたというほど、圧倒的な「西高東低」のレースなのである(1999年は地方馬が勝利)。さらに、フェブラリーSの前哨戦である東海ステークス、根岸ステークス、東京大賞典の優勝馬もすべて関西馬。まさにJRAのダート界は、武豊も驚くほど「西高東低」がより強いレースといえるだろう。

 今年の出走馬は武豊騎乗のインティ(東海S優勝)、藤田菜七子のコパノキッキング(根岸S優勝)、クリストフ・ルメールのゴールドドリーム(2017年フェブラリーS優勝)、ミルコ・デムーロのオメガパフューム(東京大賞典優勝)など、まさにダートの実績馬が集結しているが、いずれも関西馬だ。そして実績も実力も伯仲しており、どの馬を買えばいいのかはっきり見当がつかない状況といっても過言ではない。

feTCN6.JPGフェブラリーSはより西高東低のレースだ

■勝つために必要なのは、関西馬を知る「チェックメイト」

 こんなレースを馬券で勝負するなら、やはり信頼できるプロの情報が一番。しかも、関西馬を知り尽くす関西関係者の情報が必要だ。たとえば関東のマスコミは普段から関西馬を見ておらず、状態の推移や馬体の変化、さらに管理する厩舎関係者などとの信頼関係が希薄。そんな予想を利用しても、何の参考にもならないだろう。

 ならば利用すべきは、あらゆる関西馬情報を知り尽くす「チェックメイト」だろう。チェックメイトは、一般の競馬ファンでは知る事ができない関西馬情報を入手できる存在。「関西馬のことはチェックメイトに聞け」という言葉は、「ダートは関西馬」と同じくらいの説得力を持つ格言として知られており、競馬の勝ち組の多くは必ず利用しているといっても過言ではないほど。そんなチェックメイトは、すでにこのフェブラリーステークスに出走する関西馬の中で、

「どの馬が買えるのか、どの馬が買えないのか、そして人気薄で激走する馬はどれか」

をすべて把握しているという。まさに、フェブラリーSで馬券を買いたい人にうってつけの存在といえるだろう。

 前述のように、今年のフェブラリーSは例年にも増して関西馬が中心だ。出走馬16頭中、関東馬は1頭しか出走しない。そんなレースで、関西馬を徹底的にリサーチするのは当然のこと。しかし、そんな競馬界の内情を一般人が把握するのは不可能である。しかし、チェックメイトならそれができる。なぜなら、チェックメイトには実際に栗東トレーニングセンターなどで活躍した「関西の元競馬関係者」が所属し、「関西馬の拠点である栗東トレーニングセンターと目と鼻の先」に存在する。そのため、騎手関係、厩舎関係、馬主関係、牧場関係、外厩関係など、様々な情報網を駆使して馬券で利益を出すために最も大切な関西馬の情報、関西陣営の本音が入手できるのだ。

 関西馬中心のフェブラリーSを的中させるため、「チェックメイト」こそが必要とされる存在だということがお分かりいただけるだろう。


■超穴馬の激走情報も入手!

現時点で「チェックメイト」が筆者に語ってくれたフェブラリーSの情報は、以下の通り。

「今年は関西馬がほとんどなので、情報収集も情報の裏付けも楽ですよ。それだけに、例年以上に自信がありますね。ファンの注目は連勝中のインティ、コパノキッキングの実力は本物かということではないでしょうか。この2頭はダート1600mで未勝利だけに、今回の舞台で主役を張れるだけの存在なのか、気になるところ。そして4歳G1馬オメガパフューム、過去にフェブラリーSを制しているゴールドドリーム、ノンコノユメ、モーニンの取捨についても、馬券検討するうえで重要なポイントとなるでしょう。しかしチェックメイトでは、インティ、コパノキッキングの取捨も、その他の関西馬の取捨についても、すでに結論が出ています。この中に、買える馬、買えない馬がいるわけです。さらに人気薄が濃厚な、とある関西馬陣営から『このメンバーでも通用するよ。今年の穴馬はウチだね』という激走情報まで入手していますよ。

feTCN1.JPG連勝中のインティは本物か?

 近年のフェブラリーSは毎年人気薄の関西馬が馬券に絡んでいるだけに、穴の関西馬は今年も間違いなく必見です。今年もチェックメイトが掴んでいる『勝負の関西馬』と『人気薄の大ヤリ関西馬』で好配当となる可能性が高いと見ています。昨年に続く的中を披露しますよ」

と自信満々のコメントだ。レースまで、まだ日はあるが、これほどの域に達しているとは正直驚いた。レース当日ともなれば、どれほどの完成度になっているのか想像もできない。

 また、関西馬情報を駆使するチェックメイトの馬券成績も凄まじい。昨年春のG1シーズンは、11戦9勝という高的中率を記録。仮に馬連のみ1点1万円で購入した場合、その純利益は【117万円】に達するというのだから衝撃だ。その勢いは今年に入っても衰えず、アルデバランSでの3連単6万2900円、東京新聞杯での3連単1万8190円など、万馬券的中を連発。多くの競馬ファンが「チェックメイトで儲けている」という話は本当だろう。

 最後にこのチェックメイトでは、初めて利用する方を対象に

「フェブラリーSの3連単勝負買い目を無料公開」

 という特別企画を実施するという。これは今まで見たことのない関西馬情報の凄さや本物の関西馬情報に触れるとともに、「関西馬情報は儲かる」という事実を体現する絶好のチャンスといえるだろう。

 さらにチェックメイトの無料会員になれば、様々な凄ネタコンテンツが無料で利用できるのも大きい。来月から始まる本格的なG1シーズンに向けて、今から関西情報を仕入れておけばさらなる武器になることは間違いない。乗り遅れることなく、今すぐこのチャンスを手にしよう!

CLICK → 特別無料公開! 「フェブラリーS 3連単勝負買い目」チェックメイト


※本稿はPR記事です。

コメント

2:匿名 2019年2月13日 01:09 | 返信

某国大統領がいなくなったと思ったらまた妙な新手が現れたか

1:イスラームでは 2019年2月12日 16:01 | 返信

🔴ある宗教の真偽を見極めたいと思う者は、その感情や感覚、習慣に照らし合わせて判断するのではなく、むしろ理性と知性に依拠して判断すべきである。

🔵 諸預言者を遣わした時、神は彼らが神から遣わされた真の預言者であり、 彼らに託された教えが真の宗教であることを証明するために奇跡や証拠を示し、彼らを支えたのである。

🔵 このウェブサイトは、いくつかの人々が尋ねるいくつかの重要な質問に答える:

🔴 1- クルアーンは本当に神によって啓示された言葉なのか。

🔵 2- ムハンマドは本当に神によって遣わされた預言者なのか。

🔴 3- イスラームは本当に神からの教えなのか。

⚠️((( イスラームの真実性の証しでは ))) 👇

bit.ly/2rqslnj

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。