某俳優がGACKTに激怒か「まるで詐欺師のよう。許せない!」ガクトコイン問題に新展開!

 歌手のGACKTに注目が集まっている。年初の恒例番組「芸能人格付けチェック!」(テレビ朝日)では“予想通り”連勝記録を更新し、ゲスト出演した4日放送の日本テレビ系「しゃべくり007」では、女性の好みや性癖を赤裸々告白。「女性に対して、自分サルなのかなと思った時もあった」と過去の性欲をストレートに表現したかと思えば「(現在は)普通に恋がしたい」とも…。好みのタイプについては「背は高いほうがいいなあ、顔は小さいほうがいいなあ、でも大和撫子なんだよなぁ」とつぶやき、MCの「くりぃむしちゅー」上田晋也から「ポエム読んでらっしゃるんですか!?」とツッコまれた。

 音楽関係者によると「GACKTの女絡みの話は勲章みたいなもの。過去に週刊誌でICONIQ(現・伊藤ゆみ)との交際や、“喜び組”がいるなどと散々書かれたが、事務所は火消ししない。女性スキャンダル込みでGACKT」という。ちなみにICONIQとの熱愛記事は「GACKTプロデュース。熱愛写真から何まで全部デキレース」とのこと。

 反対に嫌がるのが金銭トラブルだ。過去、巨額の投資ビジネスに引っ掛かったことや、脱税が指摘された件など、ことお金に関しては「本人も敏感に反応してくる」(スポーツ紙記者)。裏を返せば、それほどやましいことがあるということなのか…。

その一端が垣間見えたのが、昨年発生した“GACKTコイン”こと「スピンドル」の暴落騒動だ。GACKTが本名をさらしてまで、熱心に営業していたスピンドルが昨年5月、海外の取引所で上場直後に大暴落。プレセールで1スピンドル=30円弱だったものが、わずか数時間で10分の1以下にまで価値が下落した。当然、GACKTを信じて出資した者は「詐欺だ!」と激怒。ちゃっかりGACKTら胴元側が高値で売り抜けたと聞けば、なおさらだ。

「全国でスピンドル被害者の告発が相次ぎ、昨秋から全国の警察が合同で捜査を進めています。立件までには時間がかかりそうですが、警察の動き方を見ていると、本気ですね。GACKTにメスが入るかは微妙ですが、ニュースになればイメージダウンは避けられません」(社会部記者)

“被害者“の中には、芸能人も含まれているそうで、ある俳優Xもスピンドルで数百万円の損害を出したという。テレビ関係者は「Xは『GACKTはまるで詐欺師。許せない!』と憤り、マスコミ各社に情報提供している。事件が弾けたら真っ先に取材に応じるつもりのようです」と話す。テレビで女性の好みについて語っている場合ではないようだ――。

(文=コインチェックメイト)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ