UFOが池の水をぜんぶ抜く現場を目撃! 米軍最強の超能力者インゴ・スワンとMIBの超絶UFO体験がスゴい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
イメージ画像:「gettyimages」より

 数々の偉業が語り伝えられる米軍史上最強の超能力者、インゴ・スワンはUFOを目撃していた!? しかも軍の導きによって、半ば強制的にUFOに遭遇させられたというのだ。


■“MIB”の導きでジェット機でアラスカの湖へ

 類いまれな透視能力を持っていたといわれ、超能力者として政府や米軍の極秘のプロジェクトに参加していたインゴ・スワン(1933~2013)については先日、トカナで紹介したが、彼はUFOにも関わっていたことが白日の下に晒されつつある。

 米スタンフォード研究所の科学者、ハロルド・パソフとラッセル・ターグのもとで25年間にもわたって遠隔透視(リモートビューイング)をはじめとする各種の超心理学実験に参加したスワンだったが、その期間中にはUFOや地球外生命体に関わる案件がいくつかあったことを、後に出版した著作『Penetration: The Question of Extraterrestrial and Human Telepathy』(1998年刊)で明らかにしている。

 スワンが関わった極秘のプロジェクトの数々は長い間、実に周到に隠蔽されており、後の時代からの追跡を防ぐために書類も極力残さないように申し合わせがなされていたという。そして彼に接触し、連絡や指示をくれる人物はまったく素性の知れない“メン・イン・ブラック”(MIB)であったのだ。

「Collective Evolution」の記事より

 スワン担当のMIBはアクセル(アクセルロッド、Axelrod)という名前(通名)の黒スーツの紳士で、常に双子の配下を従えていたという。マント姿の双子は背が高く共に金髪でブルーの瞳をしていて極めてミステリアスであったということだ。

 ある日、研究室にやって来たこのMIBであるアクセルと双子はスワンを連れ出し、全員でジェット機に乗り、ある目的地を目指したのだ。目的地の地名などは一切明かされなかったが、到着した大自然の森はカナダ・アラスカあたりの大地であることをスワンは確信したという。ジェット機から降りた一行は、森の中でかなりの距離を歩いて移動した。そして美しい湖畔にたどり着いたのだ。

コメント

4:トランプ大統領 2019年2月15日 17:34 | 返信

これは作り話としか思えない。
なぜ態々湖の水を盗んでいくのか理解しがたい。水なら宇宙のどこにでもあるだろう。危険を犯して地球にやって来るなど、UFOの管理者は余程の知的障害があるのではないかと思う。ここに書き込んでいる天才超能力者だったら可能性は大いにあるだろうな。
おい!トランプなどと呼び捨てにするなど、まるで生意気な小学生のような行動を取るから、人の物を勝手に自分の物にしたり地球の水を盗んでいてもおかしくは無い。

3:こちらは開放しても無臭ですよw毒世帯から用心ガード 2019年2月15日 01:10 | 返信

じゃ水を吸い上げて集中豪雨を降らすとかはしていないの?してると思うが。地球が立ち寄りのストアのようだとな。異星人もスタバ利用してると信じたいw

2:匿名 2019年2月14日 16:30 | 返信

>> 1

トカナはオカルトの専門家のはずなのに我々ど素人よりも知識がなかったり深い部分が見えていないとときどき感じることがある。
全スタッフに言いたい!マジで勉強してください!

1:匿名 2019年2月14日 12:33 | 返信

以前明らかに嘘の記事を掲載していたので、ここのサイトは信用できなくなりました。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。