「中国紅」に染まった東京タワーに渦巻く”ドス黒い魂胆”……実行委員会にはアノ反日団体も!? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

【日刊サイゾーより】

 東京タワーが文字通り「赤く」染まった……。中国国旗「五星紅旗」の色にライトアップされた東京タワーの下、中国人たちが「シンネンハオ(新年好)!」と声を掛け合っていたのだ。2月4日夜に行われた、「中国旧暦新年 東京タワーレッドライトアップ2019点灯式」でのことだ。

 中国の春節(旧正月)に合わせ、中国駐日大使館の後援で開かれたこのイベントは、程永華大使や福田康夫元首相のスピーチに続き、安倍晋三首相もビデオメッセージで登場して中国語で挨拶するなどの力の入れよう。東京タワーの真下は、すでに人の海というか、東京在住の中国人、留学生が集結したのか、中国人の海になっており、周辺の車道では渋滞が発生していた。

東京タワーの真下は中国人だらけ イベントの盛り上がりを喜び、新年を祝う中国人たちの声がそこら中から聞こえた。中国のSNS上でも、東京タワーが「中国紅」になったと話題に。

「東京タワーが中国の色になって幸せ!」

「日本で中国の気分を味わえるとは……」

「中日友好!」

 ただ、10年前に中国から日本に帰化した50代男性は、眉をひそめながらこう話す。

「あれはもともと在日華僑団体が立案・企画したイベントだけど、中国大使館がバックアップすることが決まってから、中国政府に媚びを売ってビジネス上のコネクションを作ろうという下心のある中国企業や在日中国人が実行委員に入り込むようになった。中には2017年に起きた、南京大虐殺を否定する書籍が客室に置かれていたアパホテルへの抗議デモを主導した反日団体に関わっている連中もいる。そうした事情を知る在日中国人の中には、今回のイベントを素直に喜べなかったという人も少なくないですよ」

 春節に赤く染まったのは、東京タワーだけではない。これまでに、オーストラリアのシドニーではオペラハウス、フランスのパリではエッフェル塔、エジプトではピラミッドなど、各地の名所が現地の中国系団体によって「中国紅」にライトアップされてきた。

 多くの中国人にとっては喜ばしいことかもしれないが、背後にドス黒い魂胆がある限り、現地社会との真の友好につながるとは思えない。

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。