バレンタインに56回オナニーして死んだ“テクノブレイク少年”の最期がヤバすぎる! 警官も絶句の「きわめて痛ましい現場」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 バレンタインを最愛の人や仲間と楽しく過ごす予定はあるだろうか。この日を孤独に過ごしても何ら問題はないのだろうが、自分だけの自由な時間だからといって“アレ”のし過ぎには十分注意しなければならないようだ。

■バレンタイン当日に起きた孤独な少年の悲劇

 孤独なバレンタインを過ごすと人はどうなるのか? 自由に過ごせる独りの時間だからといって、“一人遊び”が過ぎるのは考え物であるようだ。バレンタインの日に少年の身に起きた“悲劇”が話題になっている。

 数年前、米・オレゴン州ポートランドの10代の少年が、バレンタインデーの日に亡くなるという痛ましい出来事が起きた。死因は心臓発作なのだが、それを招いたのは56回も連続して行ったオナニーであったというのだ。

Huzler」の記事より

 もともと少年はうつの傾向があり、部屋に引きこもりがちだったのだが、バレンタイン当日にはこれまでにも増して極端な孤独感にさいなまれていたようだ。そこでついつい“熱中”してしまったのがマスターベーションということになる。

 少年の母親はその日、昼食を食べに1階に下りてくるようにと少年に呼びかけたのだが、1時間ほどしても少年はまったく来る気配がなかった。少年は親の目を盗んで食べ物を持っていくこともよくあったのだが、この日はキッチンのテーブルに用意した料理は何ひとつとして減っていなかった。

 不審に思った母親は息子の部屋の様子を見に行き、この悲劇を目の当たりにすることになったのだ。

コメント

7:匿名 2019年2月24日 02:35 | 返信

自慰に生き、自慰に死んだ男

6:匿名 2019年2月15日 22:27 | 返信

完全にフェイクだと思う。
ナニが千切れてるのに詳しく言及してないし‥
ゴムを使ってない様子なのに、56回ってどう数えたんだか・・
精巣には、短時間に56回分も出せるほど溜めておけるのか? って話もあるw

5:匿名 2019年2月14日 05:17 | 返信

トランプ大統領はこんなくだらん記事にもコメントするのか..

4:トランプ大統領 2019年2月14日 01:34 | 返信

バレンタインデーにチョコレートなど下らん。
日本と韓国だけだという。まるでチョンに促されたようで気に入らん。
私はクローンポプちんかUFOかターミネーター意外にもらってうれしいものはない。
貴様!世界に一人しかいないポプちんを馬鹿にしてんのか?寂しいだろうとでも思ったか?
下等生物とは思考が違うのだよ。産まれた時から常に一人でいたので何とも思わない。
そんなにチョコが好きならアツアツのチョコレートを尻の穴に入れて浣腸してやろうか?
人間は便秘気味で腸内環境の改善したいだろうからチョコで浣腸をして
最高のバレンタインデーにしてやろう。オナニーより刺激的だ!!
それとも勃起したカチカチのチンコにアツアツのチョコをかけて自分で舐めるか?
もし彼女がいれば舐めてもらえるぞ!チョコをチンコにかけてなめなめしてもらえ!
オナニーでチンコが千切れるなどフェイクだ。
千切れたのはお前の細巻きのチンコだろ?
捏造するならチンコにチョコを塗りたくってバレンタインデーまで恵方オナニーでもしていろ!
実に下らん。もっと面白いことを考えて朝鮮してもらいたい。
チンコと言えばマツタケを思い出すが、バレンタインデーまで冷凍保存しておいてチョコでコーティングしてもいいかもしれんな!なかったらエリンギで代用するしかない。生だとまずいから、焼いたマツタケをチョコソースでコーティングして食べるなんて試してもいいかもしれんぞ!
甘いチョコではマツタケに合いそうにもないから、コーティングした後に天麩羅にするか醤油を加えて塩味にするしかない。なるべくおっきいのを使うことでオナニーと同じ興奮が得られるはず。

3:匿名 2019年2月14日 00:29 | 返信

56回もやったら余裕でギネス世界記録更新じゃないか。
英雄としてあっちの国では称えられてないのか?
彼の死を無駄にしないために、バレンタインデーをオナ禁の日としようぜ。

2:匿名 2019年2月13日 22:41 | 返信

調べてみたら、去年も、2016年も、この記事がネットに流れたようだ。
おそらく毎年バレンタインの時期に取り沙汰されるフェイク話なんではないか?

1:匿名 2019年2月13日 19:08 | 返信

千切ったの?
切ったにせよもぎ取ったにせよ
ティッシュの話じゃなくて
その惨劇現場写真くらい貼ってよ
しんじはこれだからなぁ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。