【閲覧注意】女性の膣に“唐辛子”を挿入するヤバすぎる私刑映像流出! ヒリヒリで絶叫… 勝手に有罪認定された悲劇!=ナイジェリア

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】女性の膣に唐辛子を挿入するヤバすぎる私刑映像流出! ヒリヒリで絶叫… 勝手に有罪認定された悲劇!=ナイジェリアの画像1画像は、「BestGore」より

 ナイジェリア南部に位置するエド州の州都ベニンシティで今月、女性にリンチを加えた複数の男たちが逮捕された。女性は携帯電話を盗んだ疑いをかけられて男たちに「有罪」と認定されたため、全裸にされ、膣に唐辛子を挿入された。その様子を収めた動画がネット上で拡散されて話題となっている。海外の過激ニュースサイト「BestGore」から、問題の動画を紹介しよう。

 複数の男たちに服を脱がされている女性の悲鳴が響きわたる。彼女は全裸にされ、男たちに押し倒されると股を広げられた。そして泣き叫ぶ彼女の膣に、男たちが乱暴に唐辛子をねじ込んだ。彼女は異物を挿入されてパニック状態だ。この後、女性に対するリンチはまだ続くようだが、動画は途中で終了している。

 ナイジェリア紙「Naija News」によると、暴行を受けた女性は男の1人と一緒にホテルに泊まっていたという。2人が性的行為に及んだ後、男は携帯電話が無くなったことに気づいた。男は女を疑って、彼女を地元の医者のもとに連れて行った。医者は占いの一種である「オラクル」によって彼女を“有罪”であると一方的に判定した。彼女は無実を訴えたが聞き入れられず、男たちによってリンチされてしまったのだ。

 同州警察によると、医者と彼の弟子たちをはじめ、リンチに関与した男たちが拘留中だという。また、女性らを宿泊させたホテルのマネージャーも逮捕されたと報じられている。

 今回の事件を受けて、同国の「愛国弁護士連盟」は警察に対して、リンチの背後にいる人物を全員見つけ出すように要請した。同連盟の議長で元ベニン大学学生組合会長、アブバカル・イエズフ氏は次のような声明を出している。

「愛国弁護士連盟は、SNSで動画が拡散されてしまった今回の行為、すなわち、野蛮で、非人道的で、邪悪で、不愉快で、到底容認できない行為の背後にいる全ての者たちを24時間以内に逮捕して起訴するよう、エド州警察署長に要請しました。加害者を追跡できなかった場合、あらゆる治安機関、特に同州の警察は深刻な法的措置を受ける可能性があります。今回の罪深い行為は、ベニンシティで法と秩序が崩壊していることを示しています」

 女性の膣に唐辛子を挿入するという性的暴行を伴うリンチは、ベニンシティの法と秩序を脅かす重大事件へと発展しつつある。はびこる迷信と、それに乗じて悪行を働く連中が一掃されない限り、ベニンシティに住む女性の人権はいつまでも蹂躙され続けるだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?