「関東連合」元幹部逮捕、1人はあの有名な“瓜生兄弟”だった! 界隈に激震…住吉会加盟の関東親睦会“通達文書”も入手!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 

 2020年に東京オリンピックを控える首都東京で暴力団排除を含む様々な浄化作戦が着々と行われている。

 警視庁は、2月13日に東京都暴力団排除条例違反の疑いで、元関東連合幹部で、指定暴力団住吉会直系団体幸平一家堺組幹部・松嶋重容疑者(40)と、同じく堺組幹部・瓜生拓也容疑者(39)の2人を逮捕した。

 捜査関係者の話によると、逮捕容疑は新しく縄張りを譲り受けた中野区弥生町3丁目の住宅に、実質は組事務所であるが、スポーツジムと偽り会社を設立した事件だという。しかも、ここは中学校から200m以内だった。

 この事件は昨年11月にトカナでも報じたが、今回逮捕された松島重容疑者らが在籍する堺組の組長ら4人はすでに逮捕され、1人が不起訴処分で、共犯とされた3人に対して懲役4カ月の判決が下っていた。今回は、その事件の共犯として今日新たに2人が逮捕されたことになる。

「元関東連合の金看板である松嶋容疑者らが狙い撃ちされているように思えますが、実際にこの松嶋重容疑者らの人脈は幅広く、彼の人脈を使って、色々なことに手を出している人間が多いのは事実。松嶋重容疑者は、2016年に17都府県のコンビニで巨額の現金が引き出された事件の主犯格で逮捕された井上勇容疑者との接点も確認されていますし、六本木フラワー殺人事件で国際指名手配されている見立真一容疑者とも当然深い関係にあります。しかも、幸平一家の中でも一番多くの関東連合OBを抱えていることで知られている堺組は、資金力もかなりあると暴力団社会では噂されている。警視庁は松嶋容疑者を逮捕してこのあたりを含めた様々な情報を引き出す作戦なのでしょう」(全国紙社会部記者)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。