池江璃花子選手の回復を祈る全国民必読!「祈りの効果」の科学的実験結果、祈られた人とそうでない人の差は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

画像は「YouTube(ANNnewsCH)」より引用

 

 今月12日、競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)が白血病であると公表し、日本中に衝撃が走った。池江選手の一刻も早い回復、そして彼女の元気な姿が見られることを願いたいが、いま我々ができることは彼女のために“祈る”ことぐらいだろうか……。

 だが、たかが“祈り”とバカにしてはいけない。他者への祈りには驚愕のパワーが潜んでいるかもしれないのだ。

 カリフォルニア大学の心臓医ランドルフ・ビルド元教授が1982年~1983年にかけて行った実験で、祈りに実質的な効果があるという結果が出ているのだ。ビルド元教授はCCU(心疾患集中治療室)に入院している似た病状をもつ393人の患者を2つのグループにランダムに分け、祈りを受ける患者(192人)と祈りを受けない患者(201人)の経過を比較した。

画像は「getty images」より引用

 

 祈りを行ったのは洗礼を受けている熱心なクリスチャン。宗派は問わず、カトリック、プロテスタントから集められた。患者との組み合わせもランダムに決められ、患者の名前、症状、状態をもとに1人の患者に対し3人~7人が毎日20分、病院外から祈りを捧げた。

 その結果、祈りを受けた患者のうち85%は予後の経過を評価する基準で「良」の評価だった一方、祈りを受けていない患者で良と評価されたのは73%にとどまった。さらに、祈りを受けた患者は心臓発作、抗生物質の必要などが、祈りを受けていない患者に比べて有意に低かった。

関連キーワード

コメント

2:チンポ舐めぞう 2019年2月15日 16:16 | 返信

癌、白血病ももとは体内環境の変化でおこる細胞変化なんで精神やココロの持ち方で変化が起こる可能性はあるんじゃないの?レアなケースだが 笑うコトにより細胞が活性化されて癌細胞が減少したとかヨガや気晴らしで癌細胞が消えたとか都市伝説みたいな症例もあるし 祈ろうではなく患者自身がポジティブに 祈ってくれてる。期待されてる実感を感じてくれれば奇跡は起こる。自己肯定感の低い、強者になびき弱者を叩く、日本スゴいんだぞ、強いんだぞ妄想に自己を投影しお粗末なアイデンティティを必死に保とうとする、精神疾患なみなさんにはないな。

1:精神疾患者、全員市ね 2019年2月15日 01:28 | 返信

病気がどうのこうのと説明するのって死ぬほど疲れる。
かつて自分に対してあれこれ説明していた人たちの気持ちがわかる。
最近は自分も書かなくなってきたし、説明もほとんどしない。勝手にすれば?といった感じ。基本ほっときゃいい。
今日も某所にてクレクレくんにあれこれ質問責めにされたけど無視していた。質問ばっかりする人、基本治らない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。