元SKE三上悠亜、峰なゆか…AVやセクシー女優から他分野に進出して人気の芸能人4人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
画像は、「三上悠亜」公式Twitterより

“セクシー女優”と聞いて浮かべるイメージは、人それぞれ。批判的な目で見る人もいるだろうが、実は多彩な能力を発揮して他分野に進出する女性が多い。元SKE48メンバーの三上悠亜(25)は、2018年にK-POPグループを結成してファンを驚かせている。

 2017年に「DMM.R18アダルトアワード2017」最優秀女優賞を受賞している三上。セクシー女優3人からなる「HONEY POPCORN」として韓国デビューを果たし、MVが公開されると「さすが元アイドルだけあって良い曲」「悠亜ちゃんK-POP好きだもんね。デビューできて良かったじゃん」といった声が。一方で「韓国語もダンスもまともにできないのにデビューするなんて終わってる」「同じ日本人として恥ずかしい」と批判もあった。

 今回は三上のように、セクシー女優から他分野に進出した芸能人たちを紹介しよう。

 

●鈴木涼美

画像は、「エイピーエンタテインメント」より

 まずは慶應義塾大学卒・東京大学大学院卒・元セクシー女優という、異色の経歴を持つ鈴木涼美(35)から。鈴木といえば日本経済新聞社で記者を務めていた2014年、「週刊文春」(文藝春秋)にアダルトビデオ出演歴をすっぱ抜かれて話題を呼んだ人物だ。

 鈴木は“佐藤るり”の名前で数年間セクシー女優として活躍していたが、その経験と文才を活かして2013年に「『AV女優』の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか」(青土社)を刊行。2014年発売の「身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論」(幻冬舎)は映画化にまで至っており、ファンから「文体が好きだし何度も読み返したくなる」「文章と頭のキレっぷりがすごい!」「女心を代弁してくれる、素晴らしい文章」と高評価が相次いでいる。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。