ベッキー結婚のウラで壮絶な陰口…その衝撃内容とは!? 祝福してると見せかけて「カトパンとの真相も…」

関連キーワード:

,

,

ベッキー結婚のウラで壮絶な陰口…その衝撃内容とは!?  祝福してると見せかけて「カトパンとの真相も…」の画像1
※画像:ベッキー

 過激発言で炎上しまくりのタレント・遠野なぎこがまた物議を醸している。「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との“ゲス不倫“を乗り越え、今月13日に巨人・片岡治大ファーム内野守備総合コーチと結婚したベッキーについて、強烈なひと言をお見舞いしたのだ。13日放送の「バラいろダンディ」(TOKTOMX)でこの話題になると、自身も野球選手や“詐欺師“羽賀研二らと交際し「失敗した」梅宮アンナは、「私からすると羨ましい。とっても良かったねって」と祝福。これに毒づいたのが遠野で「アンナさん嘘つき。おめでたいわけないじゃない」とジャブを繰り出し、続けて「今度は浮気される側になっておめでとうございます」と強烈な皮肉を浴びせた。

 これには毒舌で知られる大竹まことも「コラ!」とツッコミ。ネット上では「素直に祝福するべき」「性格が歪んでいる」と大炎上しているが…。

 結論から言えば、遠野の発言は許容範囲内だ。週刊誌デスクの話。「ベッキーはひとつの家庭をぶっ壊していますからね。2016年のゲス不倫騒動が原因で川谷は長年連れ添った妻のAさんと離婚。Aさんが今回のベッキーの結婚を聞いてどう思うか? CMや降板したレギュラー番組に関する違約金はベッキーも一部を工面したといいますが、Aさんに対し慰謝料を支払ったという話は聞きません」

 ベッキーと片岡氏の交際が発覚したのは昨秋。それから半年足らずのスピード婚となったが「どこか結婚を急いだような気も…。年齢的なこともあるのでしょうけど」とは芸能プロ関係者。

 ベッキーはゲス不倫問題で「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)や「にじいろジーン」(フジテレビ系)など、地上波6番組をすべて降板。いまだに復帰はかなっていない。前出芸能関係者が続ける。「本人はレギュラー復帰を熱望しているが、なかなかうまくいかず歯がゆい思いをしている。そこで考えたのが、スキャンダルのアップグレード。過去の不倫ネタを結婚ネタでかき消そうというのです。この手法は昔からあるもので、なぜか過去のスキャンダルがチャラになって復活できた人もいる。しかし、今は時代が違います。ベッキーさんの目論見は外れるでしょう」と話す。

 片岡氏とは“ビジネス婚“なのか――。週刊誌記者が指摘する。「片岡氏はもともとベッキーの大ファンで、猪突猛進だったようですが、彼は生来のモテ男。現役時代は“合コン王”の名前を欲しいままにし、元フジテレビの加藤綾子アナとの“関係“も報じられました。ただ、交際に発展した事実はなく、むしろカトパンが『チャラすぎる』と敬遠したのが真相。球界や芸能界では2人の結婚を祝福する声も多いですが、裏では『子ども作ってソッコー別れそう』とかなり辛辣な陰口が囁かれていますよ」

 盛り上がっているのは、当事者だけかもしれない!?
(文=谷中まさこ)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ