【閲覧注意】ナイジェリアの「エロ本」を入手、内容がヤバ過ぎる! 10歳前に童貞を喪失する国のガチ性事情!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

※2頁目に衝撃的でセクシーな画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

 大手コンビニ各社が成人誌の発売を取りやめることを決めたことで、版元は、存続の危機に立たされている。どのような基準となるかは、まだはっきりしていないが、販売の拠点を失ってしまうことになることで、会社自体の存続が危ぶまれている。

 そんな中、地球の裏側のアフリカ各国では、「そんなのバカバカしい!」とでもいうような感じで、いかがわしい出版物が売られている。エロ本や裏本、裏DVDなどなど……。今回、ナイジェリア最大の都市ラゴス(人口約1200万人)という街で実際に売られているエロ本を入手した。  

 まず、アフリカ西部に位置しているナイジェリアだが、エロ本などが売られているのは、一般的な書店、個人経営のコンビニ、路上売店など様々だ。値段の方は、1冊300〜600ナイラ(約100〜200円)と安い。

※2頁目に衝撃的でセクシーな画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

コメント

5:匿名 2019年3月4日 19:25 | 返信

下半身馬鹿もここまで来たかw
どうして少子化と性欲が関係あると思うんだか。
どう考えたって少子化は雇用と収入の社会問題だ。
養育費・学費の事さえ考えられないとはねw
そこが少子化=未婚の理由じゃないのか?w

4:金 正恩 2019年2月28日 03:30 | 返信

エロの開放度でその国がいかに洗練された民主主義国家かがわかると思う。貧しい国家は国民を思想信条や個人の自由よりとにかく国家に忠誠を誓わせ、働き手、兵士とそれを産む機械のような人間をとかく重視し、余計な情熱を向けさせないよう遮断し禁止する。表現の自由が制限されつつあるどこかの国も全体主義国家的に成りつつあり危惧される。エロの表現にさらなる規制がかかることは民度をさらに下げ恐怖専制政治の幕開けになるのではないか。

3:匿名 2019年2月27日 06:35 | 返信

見習えとは言わないが、少子化の日本も、少しは参考にすべきかな?やはり、性欲は空想ではなく、現実で向き合うべきなのか。

2:匿名 2019年2月27日 05:43 | 返信

内容が大したこと無さすぎてある意味ヤバイね!

1:匿名 2019年2月26日 20:40 | 返信

昭和初期のエロ本か

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?