アヴリル・ラヴィーンはすでに死亡し、現在はドッペルゲンガーのメリッサさんが代わりを務めていた!? 衝撃陰謀論に本人の反応は…

アヴリル・ラヴィーンはすでに死亡し、現在はドッペルゲンガーのメリッサさんが代わりを務めていた!? 衝撃陰謀論に本人の反応は…の画像1
画像は「Metro」より引用

 カナダの人気歌手アヴリル・ラヴィーンがすでに死亡しているという噂を耳にしたことはあるだろうか? ネット上では2011年より囁かれている噂だが、現在も本物のアヴリルは死んでいると信じているファンは多いという。

 英紙「Metro」(2月12日付)によると、アヴリル死亡説を最初に唱えたのはブラジルのファンサイトだったという。2004年以前と以後で彼女に大きな変化があったというのがその根拠だ。では、現在のアヴリルは誰なのか? それはメリッサ・ヴァンデラというアヴリルのそっくりさんであるという。

 2002年、デビューアルバム「Let Go」を発表したアヴリルは一気にスターダムを駆け上っていったが、多忙な日々の中で彼女は精神を病んでしまった。そこでレコード会社はアヴリルにそっくりの女優メリッサを彼女の替え玉として起用したそうだ。2003年、祖父の死をきっかけにアヴリルはうつ状態になり、2004年に自宅のバスルームで自殺。それ以降、メリッサがアヴリル本人として活動しているという。

 今年2月11日の米誌「Entertainment Weekly」のインタビューで、アヴリル本人は「こんなくだらないネットデマを信じる人がいることに驚き。おかしな話だと思わないの?」と死亡説を完全に否定しているが、これによって“くだらない噂話”を全力で否定している点が怪しいと考える人も出てきたという。アヴリル死亡説の根拠はいくつかあるが、今回はその中から4つご紹介しよう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ