滝沢秀明は“ジャニーズの仕組み”を活用できるのか!? 意外と評価されていないジャニーズの凄いシステム

滝沢秀明はジャニーズの仕組みを活用できるのか!? 意外と評価されていないジャニーズの凄いシステムの画像1
イメージ画像:「gettyimages」より

 芸能界屈指の男性アイドル帝国として知られるジャニーズ事務所。ここ数年は何かと批判されることも多い事務所ではあるが、何もない状態から築いたのはジャニー喜多川社長であり、その手腕を評価する声は多い。特に特殊な方法によるタレントの集め方に対しては評価の声が多数あるという。

「人気タレントを多く抱えるジャニーズ事務所ですが、当たり前のように何十年も続いている凄いシステムがあります。それはオーディションやスカウトをしないでタレントを発掘する手法です」(在京テレビ局プロデューサー)

 たしかに言われてみれば他の事務所のようなオーディションは開催しておらず、スカウトされたという話も聞いたことがない。

「各社、ホリプロスカウトキャラバンや国民的美少女コンテストなどがある中でジャニーズは何もしていません。しかも、Jr.の募集も公式には受け付けていないものの、自然に大量の履歴書が日々送られてくるわけです。その中でジャニーさんが選ぶわけですが、ここまで受け身の姿勢で大成功している事務所は他にありません」(同)

 例外として岡田准一さんが『元気が出るテレビ』(日本テレビ系)で合格した例はあるが、あくまでも番組企画であって、たしかに事務所主導のオーディションや大会は皆無だ。

「同じ大手でも吉本興業の場合にはNSCという専門学校を持つなど学生を募集してそこから才能を引っ張る仕組みを作っていますが、ジャニーズはこれもありませんよね。もちろん、この状況を作り上げるまでにたくさんの苦労はあったでしょうが、この基盤を作り出したジャニーさんの能力は改めて評価されるべきです。ただし、言い方を変えればジャニーさんがいないと事務所が回らないため、滝沢秀明さんが裏方になったのは危機感を抱いていたジャニーさんに手を差し伸べたとも考えられます」(同)

 今後は滝沢秀明がこの仕組みを活用し、ジャニーズ事務所を経営していくことになるのだろうか。
(文=吉沢ひかる)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。