【閲覧注意】男の首からほとばしる鮮血の噴水! “車内自殺”の決定的瞬間がヤバすぎる=中国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

画像は、「BestGore」より

 先月4日、イギリスの首都ロンドンで男性が一人息子の目の前で刺殺される事件が起きた。死亡したのは、サリー州ギルフォードに住むリー・ポメロイさん(51)。息子と一緒にロンドン市内へ日帰りで出かけるため、サウスウェスト・トレインズに乗車したところ、ダレン・シェイン・ペンシル(35)とぶつかってしまい口論となった。口論がエスカレートすると、ダレンは所持していたナイフでリーさんの喉や腹部を9カ所刺し、その後クランドン駅で降りて逃走した。血まみれの父親のそばには、14歳の息子が呆然と立っていたいう。目の前で父親を殺された息子は、心に深い傷を負い、トラウマが今後の人生にも影を落とすことになるかもしれない。

 電車での流血事件は他殺だけではない。自殺未遂とみられる決定的瞬間を映した動画を、海外の過激ニュースサイト「BestGore」から紹介しよう。

 中国で撮影されたという問題の動画に映っているのは、座席で頭を抱えている男性の姿だ。彼の足元には血だまりができ、首からは血が噴き出し続けている。他の乗客たちは彼のそばから離れ、ガヤガヤ騒ぎ立てるばかりだ。乗客の一人が男性に手を差し伸べ、座席に横たえて止血を試みる。動画の詳細がわからないため、男性がその後どうなったのかは不明である。

 電車内での流血事件は、事件の直接の関係者だけでなく、その電車に乗り合わせた多くの人々に衝撃を与える。日本でも昨年6月、走行中の東海道新幹線車内で男女3人が刃物で襲われ、男性1人が死亡する事件が発生した。これを受けて国土交通省は、梱包されていない刃物を電車内に持ち込むことを禁止するよう省令を改正し、今年4月1日から施行された。電車に刃物を持ち込む場合、刃先をプラスチックのケースや段ボールで覆い、全体を新聞紙などで包んでかばんにしまっておくことが求められる。鉄道会社は、従わない乗客を強制的に下車させるなどの対応が可能になった。

 日本では、2020年東京オリンピック開催に向けて、公共交通機関における安全確保が喫緊の課題である。密閉空間での悲惨な流血事件が撲滅されることを願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年3月1日 16:02 | 返信

フェイクっぽい。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?