【閲覧注意】股ドアップ、全裸回転木馬、シャブ漬け女… 女優がヤバ過ぎる封印映画『若い貴族たち 13階段のマキ』が超カッコイイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■激しすぎるアクション満載!

志穂美悦子 画像は「Wikipedia」より引用

 幕が開き、いつもの波しぶきと東映マークが消えた途端、いきなり女の股ぐらがドアップ。線路に大の字で縛り付けられている2人の女を、8人のズべ公が「おらあ!」とリンチ。その時、真っ赤な革手袋をはめ、胸に赤く「13」と入ったシャツを着た真樹(志穂美悦子)が登場! 13とは絞首台の階段数を表す不吉な数だ。エッちゃん本人が歌う主題歌が流れる中、1対8の乱闘開始。真樹の二本指による目潰しで両目から流血する女! 女性の殺陣ではまずお目に掛かれない荒技だ。

 夜の繁華街を真横に並んで歩く6人の女たちは、真樹が率いる野良猫グループ。ギャラなし重労働に耐えきれず裸のまま飛び出したストリッパーのために、真樹らは大門組の息が掛かるストリップ店に殴り込み、「大門組だ」と凄む幹部に「大門組も肛門組もあるかい!」と大乱闘。翌日、大門組が御礼参りに現れる。用心棒の江藤(人気特撮ドラマ『変身忍者嵐』の主役・南城竜也)は、リングで3人を殺した元プロ格闘家だ。

 その場では決着が着かず、気を取り直した野良猫グループはジープでドライブに出るが、あおり運転してきた高級車の女・貴子(大原美佐)を裸にして砂浜に首まで埋めてしまう。頭にきた貴子は、ブラック企業で悪名高い海老原観光を経営する父親と結託する大門組に依頼し、5人のメンバーを拉致する。真樹が遊園地へ呼び出されると、全裸で回転木馬に縛り付けられた5人が回っていて、ジェットコースターのレール上で貴子が高笑い。どうするのか! と思うと、ここはこれで終わり……。

 これに対する真樹の報復が非道だ。貴子を拉致して背中に牡丹の入れ墨を彫り、ジープに乗せ深夜の埠頭に行き、「歩いて帰りな」と白襦袢1枚で置き去りにする。だが貴子も負けていない。翌日、またしてもメンバーを大門組にさらわせ、真樹が組事務所に来たところをグルの刑事が不法家屋侵入罪で手錠を掛け少年院に送ってしまう。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。