【閲覧注意】股ドアップ、全裸回転木馬、シャブ漬け女… 女優がヤバ過ぎる封印映画『若い貴族たち 13階段のマキ』が超カッコイイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 だが、共同経営と貴子との結婚を海老原社長に断られた組長は、海老原の海外店で売春させるためシャブ漬けにしている野良猫グループのメンバー(一人は耐えきれず自殺)を親子に見せる。恐ろしくなった貴子は江藤に相談して野良犬グループを逃がそうとするが、大門組に知られ組長にレイプされそうになる。貴子を逃がした江藤は大勢で取り押さえられ、右手の甲を生け花の剣山でグサグサと潰される。海老原社長は社用車ごと爆破される。

女優芹明香伝説』(ワイズ出版)

 一方、深夜の少年院。寝ている真樹のベッドに、同室のお京が這い上がってくる。お京役は気ダルイ女をやらせたら絶品の芹明香。お京は真樹の首に自分の髪の毛を巻きつけ絞めるが、2段ベッドの上から首投げで叩き落とされる。しくじったお京は、今まで姿を見せなかった親ボス(ズべ公映画常連の柴田鋭子)の前に連れていかれ、ハサミでジョキンと左耳を斬り落とされる。そして、ついに真樹と親ボスが直接対決! 親ボスはメリケンサックをはめて攻撃してくるが、真樹は飛び蹴りでKOして少年院の頂点に立つ。

 その頃、貴子は組長の求婚を受けたふりをして、父の仇討ちを狙っていた。海老原邸で組長と貴子の婚礼が始まった瞬間、窓をブチ破って真樹が乱入。貴子の面会でメンバーの危機を知った真樹は、院生の協力で脱走してきたのだ。「みんなまとめて地獄へ送ってやる! 死ね~!」と大暴れ。ズタズタの右手に矢尻を装着した江藤も駆け付け幹部と刺し違えて死亡。真樹のダブル・ヌンチャクで組員の右目が飛び出す! 抜刀術を使う用心棒(実際に居合いの達人・佐藤京一)を倒した真樹は、ヌンチャクの連打で組長の頭を砕く……。

 エッちゃんは、女を砂浜に埋め入れ墨を入れ、ヤクザを何人惨殺しても清潔感を失わない。スタント無用の女優として10年余を駆け抜けた、稀有な存在だった。

(天野ミチヒロ)

天野ミチヒロ
1960年東京出身。UMA(未確認生物)研究家。キングギドラやガラモンなどをこよなく愛す昭和怪獣マニア。趣味は、怪獣フィギュアと絶滅映像作品の収集。総合格闘技道場「ファイト ネス」所属。著書に『放送禁止映像大全』(文春文庫)、『未確認生物学!』(メディアファクトリー)、『本当にいる世界の未知生物 (UMA)案内』(笠倉出版)など。新刊に、『蘇る封印映像』(宝島社)がある。
ウェブ連載「幻の映画を観た! 怪獣怪人大集合

★天野ミチヒロの封印映画レビューまとめ読みはコチラ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。