【閲覧注意】乳首の洗い方、ウ●コのような赤ん坊、幼児の全裸まで… ドイツの性教育映画『女体の神秘』が超マニアック!

【閲覧注意】乳首の洗い方、ウ●コのような赤ん坊、幼児の全裸まで… ドイツの性教育映画『女体の神秘』が超マニアック!の画像1

『受精から出産まで 女体の神秘』

1967年・西ドイツ(日本公開1968年・東宝配給)
監督/エリック・F・ベンデル

 子供の頃には気付かなかった大人の商魂。ネットもなく誤った性知識が蔓延していた時代、性教育を装って金儲けする映画が人気を博していた。人に聞くのは恥ずかしい性の仕組みを医学的に学習する態を採っているため、オッパイや性行為が出てきても「これは教育映画だからね」と、大義名分を盾に言い訳できる映画だった。

 キワモノ映画を得意としたクローガー・バブが1940年代に製作した、出産シーンを学術の一環で見せる『ママ&ダッド』(2008年の同名ホラー映画とは別物)が全米で大ヒットした。女の裸を見ることが難しかった時代、全米の公民館を巡回し性教育映画として上映された『ママ&ダッド』に、「何かエロイものが見られるぞ」と老若男女が人目を気にせずに殺到したのも頷ける。

 このようなエセ性教育映画は「性科学映画」、英語圏では「ホワイト・コーターズ(白衣の映画)」と呼ばれ、医学先進国で知られる西ドイツの作品がヨーロッパで大流行し、日本にも上陸した。その先鞭をつけた『受精から出産まで 女体の神秘』は、「西ドイツ健康教育研究所監修」と、エロ映画じゃないアピールを前面に打ち出し、日本では19万7000人を動員する大ヒットとなった。

 オープニングは、体からトロ~ッと精液が海中に滲み出るウニの受精シーンで始まる。次はヌタ~ッと絡みつくカタツムリの交配。続けざまにコオロギ、クジャク、ライオン、ヒヒと徐々に高等生物へと順列を上げながら交尾を見せていく。単細胞生物から人間までの交接を90分間に渡り紹介するだけの『アニマル・セックス』(73年)というドキュメンタリー映画を思い出す。

人気連載
6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

■2020年6月1日~7日「今週の不幸を回避し、運命を劇...

人気連載
村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】  縁は異なもの味なもの...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?