田中みな実、前田敦子、綾瀬はるか… 脱ぎっぷりのいい女性芸能人4選! 「下着まで…」「こんなことするなんて…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
画像は、『田中みな実 あったかタイム』公式サイトより

 俳優に限らずドラマや映画で活躍する芸能人は少なくないが、中には突然“ベッドシーン”などに挑戦して驚かれる人もいる。フリーアナウンサーの田中みな実もドラマでの濡れ場で注目を集めたが、本人はかなり積極的だったという。

 彼女は『絶対正義』(フジテレビ系)というドラマでベッドシーンに挑んだのだが、今年2月に放送された『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)で、その裏側を告白。同ドラマで共演した女優・山口紗弥加は、「ケロっとしていた」と撮影に臨んだ田中の様子を明かした。すると田中は「ケロっとしてるしかないじゃないですか。意識してたらおかしい」と返答。覚悟を決めて勢いよく脱いだら、スタッフに「まだ早いです」と注意されたそうだ。

 今回は、そんな田中のように脱ぎっぷりのいい女性芸能人を紹介していこう。

●沢尻エリカ

画像は、『猫は抱くもの』公式サイトより

 まずは、映画『ヘルタースケルター』に出演した沢尻エリカ。2007年、「別に」発言で干されてしまった沢尻の“復帰作”と言われている同作だが、以前までは滅多にしないような“濡れ場”が話題になった。確かに『クローズド・ノート』までの沢尻とは一味違った印象で、「エリカ様がこんなことするなんて……」などと驚くファンも。しかし、過激なシーンを演じきった本人は、周りの人々よりもあっけらかんとしていた。

 監督の蜷川実花は会見で、沢尻がテストの段階から脱いでいたと暴露。そんな彼女を「度胸があってすごい」と絶賛している。一方で沢尻は「作品がそもそも過激で、私も実花さんも腹をくくってやっている」「原作やこの役にリスペクトがあります」とコメント。作品の世界観を表現するため、積極的に脱いだという。

コメント

1:匿名 2019年3月7日 12:03 | 返信

性器まで出した菊地凜子を越える女傑はまだ出ていない模様。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。