高橋一生は柔軟剤買い占め、竹野内豊は“ほふく前進”で…! 週刊文春「結婚したい男」ランキング上位芸能人のヤバすぎる素顔を暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
イメージ画像:「Gretty Images」

「ヤバイ奴ばかりじゃないか(笑)」。そんな声がマスコミ業界で轟いている。「週刊文春」(文藝春秋)の恒例企画「結婚したい男」のランキングが確定。1位は俳優の竹野内豊、2位は高橋一生、3位には「Kinki Kids」の堂本剛が選ばれた。あくまで「結婚したい」という願望のみによるアンケート結果だが、素顔を知ったら果たしてどうなるのか。

 例えば、交際していた倉科カナと結局別れた竹野内は極度の秘密主義者。雑誌カメラマンによると「とにかく撮られたくない竹野内は、コンビニに行くだけでも周囲を何度も見回す。過去には自宅前に張っているマスコミの数を把握したかったのか、マンションの清掃作業員に変装してチェックしていたこともある」という。倉科との交際時でも、彼女のマンションに入っていったことを掴んだカメラマンが“ある場所”に狙いを定めていたというのだが……。

「彼女の部屋に行くにはガラス張りの通路を歩く必要がある。カメラマンはそのことを知っているので、通路に向けてレンズを構えていたのですが、結局捉えることができなかった。つまり、ガラス張りの通路をほふく前進していたということなのです。軍隊でしょ(笑)」(週刊誌記者)

画像は「舞プロモーション」より引用

 2位の高橋一生は“こだわり”が半端ないことで知られる。「フラッシュ」で激写されたジーンズにチェーンウォレット姿は最高にダサかったが、それも彼のこだわり。芸能プロ関係者によると「最近ハマったのは柔軟剤だそうで、どの香りが一番いいか試行錯誤していくうちに、30本以上買ってしまったそうです。のめり込むと、とことん追求するタイプで、その前は美顔器にこだわっていましたね」という。潔癖症なのか、部屋はホコリひとつないキレイさという。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。